So-net無料ブログ作成
検索選択
前の30件 | -

吹筆會展(2017年)のお知らせ [書道展]

     吹筆會展のお知らせ

    DSCF2476-350.jpg

    DSCF2473-300.jpg

  毎年夏に開催しておりましたが 今年は春に早まり 会場も鳩居堂画廊です

  先人の書は 光悦の消息が展示される予定です

  銀座へお出ましの折にはお寄りいただければうれしく思います

 展覧会に出品する作品つくりの合い間に 撮った写真です 

 春浅きころ

DSCF2247-400.jpg

相模嶺に雪が

DSC_0748-500.jpg

IMG_3150-300.jpg

DSCF7274-300.jpg

我が庭の 梅の花 「思いのまま」 同じ樹に 白と ピンクの花が咲いたり 

白い花びらにピンク色が交じったりするする

とてもいい匂いの梅の花 実はなりません 

DSCF2398-400.jpg

ピンクの花は ホトケノザ ブルーのつぼみの花は 朝はまだ開いていないオオイヌノフグリ

DSCF2408-300.jpg

なずなの花

DSCF2375-300.jpg 

菜の花

DSCF2400-300.jpg

 カラスノエンドウ

DSCF2467-300.jpg

20年以上 空き家になったお隣のお庭の 花大根 (ムラサキハナナ) 

IMG_3187-400.jpg

20匹くらいの猿の軍団が 我が家の屋根を通過 燐家の木から飛び移る猿

IMG_3178-400.jpg

親から遅れてしまって 泣く猿の赤ちゃん

 DSCF1403-500.jpg

近くのおうちの塀の上で話し合っている 鳥たち

DSCF2175-401.jpg

  林の中で騒ぐ群雀


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

NHK全国俳句大会(28年度) [俳句]

NHK全国俳句大会(28年度)へ 行ってきました

IMG_2890-500.jpg

  ↑ 終了後のNHKホール

この大会ニュースは ↓ でごらんください

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170122/k10010848881000.html

     DSCF0838-290.jpg

詠題 自由題あわせて42,996句の中から選ばれた 大会大賞は

・炎帝の降りて来てゐる爆心地     青山 悦子さん

・子は今も働く時間月高し         岩瀬 良子さん

・炎帝に吠えて打席の砂を蹴る      佐々木 ミチ子さん

・水中花風あるやうに揺れにけり     横田 青天子さん

・向日葵を鋤き込む北の大地かな    橋本 幸篤氏

                                         でした 

ジュニア大賞は

・はるかぜみたいにねこをなぜたんだよ     年長 岡本 光生くん

・母の日は草笛吹いてあげました         小学3年 前田 優希さん

・クマゼミは小さな森の川の音              4年 田端 大樹くん

・台風がお詫びにくれた青い空           中学1年 片野 誠夢さん

・走ってるこの感覚が夏なんだ              2年 平岡 咲季さん

・風鈴が風の気持ちを音にする              3年 下津濱智代さん

                                            でした 

来年の題は 「山」 と発表されました

 大会結果は  ↓  に

http://www.n-gaku.jp/taikai/haiku/h28/index.html

IMG_2943-500.jpg 


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

NHK全国短歌大会 (平成28年度) [短歌]

1月21日 渋谷のNHKホールで 第18回 NHK全国短歌大会が開かれました

IMG_2843-500.jpg

↓ NHKニュースで見ることが出来ます

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170121/k10010848091000.html

題詠と自由題あわせて21,928首の応募がありました

今年の司会 森田美由紀アナウンサー  和やかな雰囲気のある舞台に

なりました

朗読は 毎年の 加賀美幸子 アナウンサー  ことのほか歌の心のこもった

朗読だと思いました

先ず題詠「風」の部から 15名の選者が選ばれた特選歌の朗読と講評 があり

続いて 近藤芳美賞を受賞された 佐藤薫氏の

「世界はきれいな無」 という15首が読み上げられました

・影だけがくっきりと在るその場所のまひるまにたつ8月6日

 ・なにみずなになにもきかずにあの夏の記憶をわすれて議論は断たれたり

・脱却といふ名の回帰 レジームを無視してぬばたまの闇が跋扈す

・殺されることを待たずに殺せといふ法案はなたれ鳩を撃ち抜く

・戦場もテロもとおくにあらざらむこの街と距離わづか半日

・白昼の銃撃のゆめ 靖国にさくら青葉は影を濃くせり

・殉職か戦死なのかはいはざりき自衛隊員死なばの問ひに

・おもふこと洩らさず黙してゐる夏をたぎりて乱れ咲く緋のサルビア

・なにごとも疑ふことなく肯へる群集弱者の踏み絵はつづく

・そして秋。 戻せないもの追ひかけて再起動するカタチノナイコヱ

 ・・・・4首省略

・やがて冬、シュプレヒコールのこゑかすれ世界はきれいな無となりゆかむ

  朗読の終わったあと深い感動の余韻がひろがりました

休憩のあと  

ジュニアの部 入賞発表があり 

一般部特選作品 朗読と選評がありました

最期に一般部大会大賞の発表がありました

・ぶつかりておしのけもして白鳥はおりたいところにおちつく  宮尾 清美さん

・さみしい顔しないさみしさむらさきに暮れる世界の向こうから来る  柳沢 幹夫氏

・甘やかで切ない風もあることを人口知能は知るのだろうか   おの めぐみさん

・綱かけて国来国来と引きよせる風土記のやうにはゆかぬ島島  原 真里子さん

・壁に貼る不動明王にキスできるまで背を伸ばす けふのリハビリ  橋本 妙子さん

来年の題は 「山」 と発表されました

大会結果は ↓ にでています

http://www.n-gaku.jp/taikai/tanka/h28/index.html

   NHKテレビ放送予定は  Eテレで 2月4日(土) 15;00~16:13 

IMG_2854-500.jpg

IMG_2873-500.jpg


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

平成29年歌会始の御題によせて [書道展]

 平成29年歌会始の御題によせて 野 短歌展 書展 

前期展に行ってきました  後期展は 1月22日まで

 IMG_2682-500.jpg

IMG_2750-200.jpg IMG_2752-300.jpg

IMG_2703-500.jpg

IMG_2712-500.jpg

IMG_2729.JPG

IMG_2726-500.jpg

IMG_2724-500.jpg

IMG_2719-500.jpg

IMG_2715-500.jpg

毎日書道展参与会員 審査会員 の方から 小さなお子さんまでの

作品が展示されています

とてもユニークな楽しいいい展覧会です

後期展から

IMG_2819-500.jpg

IMG_2810-500.jpg

IMG_2805-500.jpg

IMG_2722-500.jpg

IMG_2816-400.jpg

 IMG_2804-300.jpg IMG_2813-300.jpg

  

    


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

歌会始の儀 (平成29年度) [短歌]

1月13日に 「歌会始の儀」が皇居・正殿 松の間で行われました

http://www.kunaicho.go.jp/culture/utakai/utakai.html (宮内庁のHP)

DSC_2601-500.jpg

NHKの中継をみていました

年齢の若い順番に 17歳の杉本陽香里さんの歌

「夏野菜今しか出せない色がある僕には出せない茄子の紫」 からはじまり

皇后さまのお歌は 皇后さまご自身が懐紙にお書きになられたお歌

「土筆摘み野蒜を引きてさながらに野のあるごとくここに住み来し」が披講され

最後は天皇陛下の御歌

「邯鄲の鳴く音聞かむと那須の野に集ひし夜をなつかしみ思ふ」 披講され

歌会始の儀は終わりました

応募され選にもれた歌は県別に分けられ天皇陛下に届けられると

アナウンサーの方の説明がありました

平成29年歌会始御製御歌及び詠進歌 は  ↓ をごらんください

http://www.kunaicho.go.jp/culture/utakai/pdf/utakai-h29.pdf

来年の御題は 「語」と発表されました

 DSCF6123-500.jpg

DSCF1301-500.jpg

DSCF8175-500.jpg

DSC_6300-500.jpg

 DSCN0456-500.jpg

  風まぜに雪降りしきる相武小野に墨絵の如く白鷺一羽  さねさし




トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

新春の書道展めぐり (酉年)つづき [書道展]

現代書道二十人展へ  (日本橋 高島屋)

DSCF0437.jpg

銀座へ 

現代の書 新春展 今いきづく墨の華

IMG_2571.jpg

 ↑  27人展   ↓ 100人展

IMG_2544.jpg

IMG_2536.jpg

IMG_2538.jpg

IMG_2539.jpg

↓ 会場 入ったところ 百人の作家の 「酉」作品

IMG_2545-800.jpg

IMG_2532.jpg

IMG_2535-1.jpg

鳩居堂へ

IMG_2585-400.jpg

書は見るのも難しく疲れます

↓ 丸善3階ギャラリーの 東山魁夷画伯の版画作品にほっとしました

DSCF0451-800.jpg


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

新春の書道展めぐり(酉年) [書道展]

新春の書道展めぐり

4日 上野の国立博物館へ

IMG_1210.jpg

 ↓  国宝の元永本古今集(上帖)が出ていました

IMG_1235.jpg

「古今和歌集」仮名序から巻20まで完存するなかで現存する最古の遺品で

 31から 35のあたりの和歌の書かれているところが開かれていました

     題しらず  よみ人しらず 

  をりつれば袖さへ(こそ)にほへうめのはなありとやここにうぐひすのなく

 の歌のなかの

 さへ の横に小さく こそ と 美しく 書き直されていました

間違ったところを 黒く消したり線を引いたりしない 見せ消ち(みせけち)のような訂正の仕方です

↓ 国宝扇面法華経冊子 です

IMG_1246.jpg

IMG_1251.jpg

東京国立博物館の 国宝のHP ↓ をクリックしてみてください

http://www.emuseum.jp/result?d_lang=ja&mode=detail&s_lang=ja&itemCount=8&class=2

IMG_1256.jpg

IMG_1255.jpg

      IMG_1261.jpg

IMG_1262.jpg

IMG_1264.jpg

      ↑  鶏の水滴 

東京都美術館へ 日書展を見に

     IMG_1192.jpg

IMG_2415.jpg

IMG_2402.jpg

IMG_2413.jpg

IMG_2395.jpg

IMG_1180-2.jpg

さねさし 作品

    今は昔「野菊の如き君なりき」囁かれしは二十の春に

↓ は 動物園の 入り口の塀の看板

IMG_2329-800.jpg

IMG_2325-800.jpg


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

あけましておめでとうございます [こころの近景]

あけましておめでとうございます

IMG_2268-a.jpg

たなびく雲からのぼり始めた初日

伊勢原市にあるゴルフ場の近くから撮りました

DSCF9941-500.jpg

DSCF9921.jpg

DSCF9970.jpg

DSCF9955.jpg

     DSCF9982.jpg

DSCF9992-1.jpg

 2日 日向薬師へ初詣に 

DSCF0094-1.jpg

薬師堂は7年間かけて再建され 昨年11月20日に落慶法要が行われました

DSCF0092-2.jpg

日向薬師のホームページは http://hinatayakushi.com/ です

昨年 東京国立博物館へ 今年の干支の鶏の埴輪を 見に行ってきました

IMG_2248.jpg

IMG_2257.jpg

     IMG_2250.jpg

  DSCF0269-400.jpg

     DSCF0277-400.jpg

      IMG_2174.jpg


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

年賀状の稽古 (2017年酉年) [年賀状]

酉年の年賀状の稽古をしました

IMG_1689-800.jpg

DSCF9596-500.jpg

DSC_0377-500.jpg

DSCF9598-500.jpg

DSCF9599-500.jpg

   IMG_1738-2-300.jpg

   IMG_1731-2-300.jpg

   IMG_1744-300.jpg

   IMG_1743-3-300.jpg

   DSCF9620-300.jpg

  ↓  は新年用の俳句を 葉書に書く稽古

DSC_0384-500.jpgDSC_0385-500.jpg

DSC_0387-500.jpg

IMG_1708.jpg

IMG_1704-400.jpg

IMG_1707-300.jpg


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

時代を映す仮名のかたち 展へ [展覧会]

 出光美術館へ 開館50周年記念 「時代を映す仮名のかたち」 

国宝手鑑「見努世友」と 古筆の名品  展覧会を見てきました

いただいたチラシには

たおやかで優美な平安、明確で厳格なかまくら、端正さの緩んでゆく南北朝、重厚で立派な印象の室町。仮名のかたち、書様は時代によって大きく異なって見えます。・・・・・・・

と書かれています この続きは  ぜひ ↓ をクリックして 御覧ください

 http://www.idemitsu.co.jp/museum/honkan/exhibition/present/index.html

 ↑ のなかに 「展覧会のみどころ」をクリックすると

「古筆と和歌史を関係づけたユニークな後世の展覧会です」 と解説が続きます

会場で 解説を読みながら ゆっくり拝見すると 一時間はすぐ経ってしまいます

やはり平安時代の古筆の繊細さ 優雅さに感動しました 

鎌倉時代や室町時代になりますと 文字よりも料紙や 短冊など

に目がいきました

サービスのお茶をいただきながら 皇居を見下ろしつつ 

繊細で感性豊かな日本人の美意識に思いを馳せました

IMG_1010-500.jpg

IMG_1008-500.jpg

IMG_1012-500.jpg


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

八木重吉 ーさいわいの詩人ー 展 [展覧会]

町田市民文学館ことばらんど  開館10周年記念

八木重吉 ーさいわいの詩人(うたびと)-展 へ 行ってきました

IMG_2002.jpg

詳しくは町田市のHP ↓ をクリックして御覧ください

http://www.city.machida.tokyo.jp/bunka/bunka_geijutsu/cul/cul08Literature/tenrankai/20160824153236743.html

IMG_2005.jpg

IMG_2006-400.jpg

IMG_2007-400.jpg

IMG_2008-800.jpg

私がこのブログで初めて記事にしたのが 2005年5月

八木重吉の 詩 「こころよ」 でした  ↓

 http://sanesasi.blog.so-net.ne.jp/2005-05-16

dscn2410_1.jpg

その前年 銀座で開かれた書道展に  撮った写真を和紙に加工して

重吉の詩を書き 書作品として帖に貼り出品しました

DSCN2804-1.jpg

八木重吉の詩に魅せられ 重吉記念館へ 茶の花忌には何度か参加させて頂きました

いつしか10数年を経てしまい 久しぶりに この展覧会を拝見して 懐かしくなりました

 ↓ 昔書いたつたない作品です

P1230581-1.jpg

P1040132.jpg

P1020866.jpg

DSCN1187-500.jpg

sidukanaru.jpg

00000028.jpg

    DSCN0158-1.jpg   

 furusato.jpg

ふるさとの川よ 

ふるさとの川よ

よい音をたててながれていることだろう

母上のしろい足も

ひたすこともあるだろう


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

平安古筆の名品 展へ [展覧会]

平安書道研究会800回記念

 「平安古筆の名品」 特別展 を観に 五島美術館へ行ってきました

IMG_1483.jpg

IMG_1490.jpg

 詳しくは ↓ 五島美術館の HPで御覧ください

http://www.gotoh-museum.or.jp/

出品作品などは 上のHPから 青色の文字 詳しい情報へ をクリックすると見られます

書芸文化院 所蔵の 高野切 第一種・ 第二種・ 第三種 ・仮名消息  

また五島美術館所蔵の 継色紙 など素晴らしい品格の高さに感動いたしました

11月3日には 池田和臣氏(中央大学教授)の

「源氏物語と仮名」の講演会があり 満席でした 

お話は

仮名・仮名字体の種類・仮名の成立 から 

1 仮名と女の一生 

仮名という女性という存在そのものの象徴

平安女性の人生は手習いに始まり手習いに終わる

2 源氏物語の仮名書芸論 では 仮名は「今の世」が絶頂

 梅が枝の巻に書かれている 紫式部の見解を光源氏に語らせているところの紹介 

高野切などは 紫式部の死後の名筆 紫式部は仮名の絶頂期を知らなかったこと など

このほか もっと色々興味深いお話をされた一時間半余でした

仮名書を学んでいる私にとって

梅枝の巻に書かれている

「よろずのこと、昔は劣りざまに、なりゆく世の末なれど、仮名のみなん今の世はいと際なくなりたる」

この言葉 源氏物語千年紀のころから 気になっていた私は 紫式部が源氏物語の中で随所に語られている言葉  仮名書観のようなものに 大変興味を抱いていましたので 池田先生の お講義とても勉強になりました

お庭をほんのちょっと散策 

IMG_1571.jpg

IMG_1524.jpg

 IMG_1530.jpg

IMG_1531.jpg

IMG_1541.jpg

館を出ると 不老門 に陽が落ちてゆくところでした 

 IMG_1582.jpg


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

書の美 文字の巧 (三の丸尚蔵館) 展覧会  [展覧会]

 皇居 三の丸尚蔵館へ 書の美 文字の巧 展覧会 (中期) に行ってきました

IMG_0596-h.jpg

IMG_0610-h.jpg

↑ の写真の左側の古筆作品 小野道風の 玉泉帖は 前期展示で拝見できませんでした

IMG_0612-h.jpg

 前期は10月10日まででした 

Ⅰ 唐様から和様へー日本の書、華開く

 平安時代の古筆 小野道風の 屏風土台や 藤原佐理の 恩命帖 

王羲士の喪乱帖など 展示 

残念ながら 拝見できませんでした

中期として 11月6日まで

Ⅱ豊かな書ー歴史を伝え、書風を展開する 

・ 紫式部石山詣図 画 土佐光元 三 三条西公条 1幅

・ 歌口伝心持状(古今伝受資料)  細川幽斎

・古歌屏風 六曲一双

・ 古筆短冊手鑑  古歌屏風 3帖 などゆっくり拝見できました

 詳しくは  ↓  をクリックしてぜひ御覧ください

 http://www.kunaicho.go.jp/event/sannomaru/tenrankai74.html#D0901

 あと 二の丸庭園へ

IMG_0806-h.jpg

IMG_0778-h.jpg

IMG_0693-h.jpg

IMG_0831-h.jpg

IMG_0866-h.jpg

北桔橋門をでて 

IMG_0867-h.jpg

平川門の方に歩いて行くと

太田道灌公追慕之碑がありました

 IMG_0894-h.jpg

IMG_0891-600.jpg

太田道灌の墓は 伊勢原市にあり 今月10月1日・2日 伊勢原道灌まつり がありました

今年の 太田道灌公役  三田村 邦彦さん

   DSCF7029.jpg

  北条政子役 杉本 彩さん

   DSCF7044.jpg

 江戸城天守の再建に向けての運動や

大河ドラマに 太田道灌をという運動もあるようです


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

写真展 [写真展]

神奈川写真研究会 の 第23回 写真展が

伊勢原市 中央公民館で9月27日から10月2日まで開かれました

DSCF3320-5.jpg

DSCF6929.jpg

会員たちの 作品の一部

 DSCF6889-800.jpg

DSCF6892-800.jpg 

DSCF6893-800.jpg

DSCF6894-1.jpg

DSCF6901.jpg

↓ は  写真絵本風 「蝉の恩返し」 を帖に貼った作品

DSCF3300-3.jpg

  ↓  神奈川新聞に記事として記載されました

DSCF3399.jpg

お忙しい中 見に来ていただいた方々ありがとうございました  


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

東京国立博物館へ [展覧会]

東京国立博物館へ 「藤原行成の書  その流行と伝称」 へ行ってきました

DSCF6062-300.jpg

DSCF5971-500.jpg

DSCF5982-500.jpg

DSCF5971-400.jpg

DSCF5892-500.jpgDSCF5894-500.jpg

DSCF5893-500.jpg

 このほか 

DSCF5905-500.jpg

DSCF5907-800.jpg

DSCF5940-500.jpg

DSCF5942-400.jpg

など

詳しくは 東京博物館の HP ↓ ごらんください

 http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1816

  ↓  本館前の 池

DSCF6069-500.jpg

あと 法隆寺宝物館へ

DSCF6074-500.jpg 

 新発見の 木簡を見に

DSCF6097-500.jpg

DSCF6103-600.jpg

詳しくは  ↓ をクリックしてみてください

 http://www.tnm.jp/modules/r_exhibition/index.php?controller=item&id=4837

このあと 東京都美術館へ

連合書道展  関東女流書展 を 見に行きました

DSCF5883-500.jpg

  ↓ は 関東女流展に出品した さねさし作品

DSCF5873-800.jpg

左の方に書いてある俳句は 

              お隣は蕪廃となりし蝉時雨


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

吹筆會展(2016年)のご報告 [書道展]

今月31日まで開かれた 吹筆會展 無事終了いたしました

DSCF5715-800.jpg

 DSCF5700-2.jpg

  ↓ は  特別展示 先人の書 などです

DSCF5656-1.jpg DSCF5663-2.jpg

DSC_9907-2.jpg

箱書きは  安田靫彦画伯です

DSCF5791-400.jpg  DSCF5794-400.jpg 

会津八一の軸装作品

DSCF5788-300.jpg

DSCF5773.jpg

 ↑  ↓ 日比野五鳳 作品

DSCF5775-400.jpg

↓ から 会員作品の一部

 DSCF5693-400.jpg

       6才のお子さんの詩を

   ↓ 会員作品

DSC_0054-400.jpg

   DSC_0061.jpg

DSCF5705-3.jpg

 DSCF5748-fujiwara.jpg

DSCF5669-2.jpg

DSC_0070-satou.jpg

 DSC_0051-2.jpg

DSCF5758-kanno.jpg

DSC_0077-2.jpg

DSCF5678-1.jpg

DSCF5664.jpg

 ↑ 右は 95歳 今年4月から 8月にかけて 書きあげた 枕草子

 ↓は 源氏物語に於ける紫式部の仮名書観 の一部 

DSC_0032.jpg

 ↓  会場近くのビルの入り口のケースに 展示されていた 筆

     DSCF2888-300.jpg

      


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

残暑お見舞い申し上げます [くらしの書]

残暑お見舞い申しあげます

DSCF3605-b.jpg

    DSCF3396.jpg

    DSCF3399.jpg

    DSCF3384-300.jpg

   DSC_9517.jpg

     DSCF2626-400.jpg

   DSCF2632-301.jpg

 DSCF3661-400.jpg

 DSCF4251-400.jpg

 DSCF4257-400.jpg

 DSCF2205-400.jpg


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

暑中お見舞い申し上げます [くらしの書]

暑中見舞いの稽古と 俳句を葉書に書く稽古ををしました

DSCF3017-800.jpg

    DSCF3019-400.jpg

    DSCF3028-400.jpg

DSCF3025-400.jpg

DSCF3046-400.jpg

DSCF3047.jpg

DSCF3048-400.jpg

DSCF3081-400.jpg

DSCF3084-400.jpg

DSCF3087-400.jpg

DSCF3082-400.jpg

DSCF3102-400.jpg

    DSCF3088-1-400.jpg 

    DSCF3036-300.jpg

    DSCF3041-300.jpg 

    DSCF3039-300.jpg

    DSCF3089-300.jpg 

    DSCF3095-300.jpg

    DSCF3042-300.jpg 


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

毎日書道展(企画展示 今こそ臨書) [書道展]

国立新美術館へ 毎日書道展に行ってきました

DSCF1692-500.jpg

  ↓ 入り口

DSCF1890-400.jpg

会場風景

DSCF1867-400.jpg

DSCF1705-400.jpg

DSCF1791-400.jpg

DSCF1773-400.jpg

今年の企画展示は 「今こそ臨書」 -今日の毎日展を築いた先人の書ー

DSCF1911-400.jpg

  ↓ 受付でいただいた チラシ 

  上が 表面  下が 裏面

名称未設定 -800.jpg

展示作品は 壁面展示27点 ケース展示25点  ↓はその一部

・上田桑鳩  ・北魏 鄭長猷造像記(屏風)  ・唐 顔真卿 裴将軍詩(折帖) ほか

・松井如流  ・漢 張遍遷碑(軸装)  ・ 唐 太宗 晋祠銘(折帖) ほか

・金子鷗亭  ・北魏 中嶽嵩高霊廟碑 北魏 賀蘭汗造像記ほか(屏風)  

・小林 抱牛  平安 空海 灌頂歴名 (額装)

・手島 右卿  ・東晋 王義之 罔極帖 (軸装)

・植村 和堂  ・平安 藤原行成 白氏詩巻(軸装)

・飯島 春敬  ・平安 伝小野道風 小島切 (巻子)

・熊谷 恒子  ・平安 伝紀貫之 寸松庵色紙・伝藤原行成関戸本古今集(帖)

・筒井 敬玉  ・平安 伝小大君 香紙切 (軸装)        

                                       ほか

会場に展示されていた 先人の言葉の 一部です 

飯島春敬

書というものはその筆者の人格が大事な要素になる 

その人格は美に対する意識が基盤になっているもので 

教養が必須の条件となる  

書は精神的な芸術であるが また技術を度外視しては成り立たない 

空海のように優れた精神性と優れた技術面とが両立することが望ましい 

具体的に書を捉えればそれが高い精神性に結びつくものだ 

まず技術を理解すべきである 

                           「書の古典」1987年より

 ↓ 席上揮毫も行われていました

DSCF1920-400.jpg

日程

国立新美術館

前期展 Ⅰ期=7月6日~7月11日   前期展Ⅱ期=7月13日~7月18日

後期展 Ⅰ期=7月20日~7月25日  後期展Ⅱ期=7月27日~7月31日

午前10時から 午後6時まで 火曜日は休館 水曜日は 午後一時から開会

東京都美術館  

7月16日(土)~7月23日(土・ 午後2時半閉会)  

午前9時半~午後5時30分 19日(火)は休館日

日程については http://www.mainichishodo.org/syodoten/schedule_tokyo.php

↓  さねさし作品  7月31日まで 展示

DSCF1745-500.jpg


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

日本詩文書作家協会書展 [書道展]

DSCF1043-a.jpg

毎日新聞 6月9日  夕刊 「書の世界」 の記事に惹かれ 行ってきました

 ↓  の会場写真は 上の会館入り口の 紹介画像から

DSCF1058-b.jpg

DSCF1049-a.jpg

DSCF1048-a.jpg

「書の世界」 の記事から

「今回のテーマは「俳句と書の世界」。書人がどんな言葉に共感を寄せている

のかについて考えさせられる。書いてある文字をつぶやき、なぜか記されている

出典を眺めてしまうのは不思議なことだ。やはり書かれている文字の、

意味内容を知りたくなる。この時点で文字のデフォルメが強すぎて、

あまりに読みづらいものは、その先を追うという気がうせてしまう。・・・・・・・・ 」

と書かれているところに惹かれました

会場を一周して拝見して まったく同じ感じをいだきました

俳句の内容と 文字表現の違和感 俳句の文字だけを書いてあるという寂しさ

やさしいことばの俳句を力いっぱい大きく書かれていたり 

内容に添わせて墨色、紙、 紙の色にも 配慮が無い作品には

失望感を抱きました

一巡りしてから 

今度は横に貼られた 釈文を 先に読んでから作品を拝見すると

さらにこの感は深くなりました

俳人がご自分の俳句を書かれた作品をご覧になると どう感じられるかしら?

と思いました


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

山本 茜 截金ガラス展 -斎王の旅 [展覧会]

DSCF9468-300.jpg

↑ の 案内を頂き  山本茜 截金ガラス展 -斎王の旅ー へ行ってきました

↓ 上の案内の 内面 

DSCF9480-500.jpg

 ↑ 左面 高島屋美術部の ごあいさつにある

「・・・・ガラスを透過した光の反射・屈折が内部にある截金に様々な表情を与え、

その繊細で荘厳な輝きは見る人の心を魅了します ・・・・・・・」

まったくその通りと 感動いたしました

又源氏物語の想いが 素晴らしい作品となっていることに感銘いたしました

久しぶりに 現代日本伝統工芸の世界に誇れる素晴らいい作品を

拝見できました

ぜひ ↓ も みてください

    https://www.takashimaya.co.jp/sp/tokyo/event/syousai.html?id=7225

   http://akane-glass.com/


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

俳人 蕪村 展へ [展覧会]

蕪村 三百年を記念して 俳人 蕪村  天理ギャラリー第158回展へ行ってきました

DSCF9473-500.jpg

DSCF9472-500.jpg

 ↑ いただいたパンフレット(右) 下をクリックすると 大きく読めます (左は図録の表紙)

   http://www.tcl.gr.jp/tenji/pamphlet/g156.pdf

   http://www.tcl.gr.jp/tenji/k85.htm

 静かな会場で じっくりと 蕪村の世界に浸ってきました

5月中旬 大阪星光学園院にある 浮瀬俳跡蕪蕉園へ行ってきました

DSCF8462-500.jpg

DSCF8454-500.jpg 

うかぶ瀬に沓並べけり春のくれ

うかぶ瀬に遊びてむかし

栢莚がこのところにての狂句を

おもひ出て其風調に倣ふ



 小春凪真帆も七合五釈勺かな

               蕪村



↑蕪村の句碑や 

↓芭蕉の句碑  

DSCF8483-500.jpg

この道行く人なしに秋の暮れ  はせを

この道 ではなく を となっています

   DSCF8449-500.jpg

  松風の軒をめぐりて秋くれぬ はせを翁

もう終わったしまいましたが  大阪市立美術館で「王羲之から空海へ」

日中の名筆漢字と仮名の競演 は ↓ 少しだけですが展示作品の写真 みることが出来ます

http://www.osaka-art-museum.jp/sp_evt/ogishi-kukai/#cnt_2

DSCF8491.jpg

DSCF8499.jpg

           素晴らしい展覧会でした

同じ日


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

法隆寺へ [こころの近景]

  奈良 法隆寺へ行ってきました 

DSCF8558.jpg

DSCF8591.jpg

    日本最初の世界遺産  法隆寺  平山郁夫 書 

      hi-1.jpg

DSCF8810-500.jpg

DSCF8813-500.jpg

DSCF8792-500.jpg

     DSCF8792-800.jpg

あめつちにわれひとりゐてたつごときこのさびさをきみはほほゑむ

                  法隆寺東院にて

                      秋艸道人

この歌は 南京新唱 には

夢殿の救世観音に とかかれています

DSCF8769-500.jpg

DSCF8801-500.jpg

DSCF8799-800.jpg

 

皇后宮御歌

中宮寺の都い地のうちにしづもりてさざんかの花清らかにさく 

            女官長 北白川祥子謹書

   香淳皇后の御歌  都い地とは ついじ 築地(塀)のこと  ↓

DSCF8749-500.jpg

DSCF8751-500.jpg

DSCF8858-500.jpg

DSCF8743-500.jpg 

   ↑ 法隆寺子院普門院内の 松瀬青々の歌碑

    月のこる涼しきままに夢殿へ

DSCF8705-500.jpg

DSCF8667-500.jpg

DSCF8871-800.jpg

DSCF8567-500.jpg

会津八一の 歌を書いてみました

DSCF0052-500.jpg

五重塔をあふぎみて 

ちとせ あまり みたび めぐれる ももとせ を

ひとひ の ごとく たてる このたふ

DSCF9598-800.jpg

夢殿の救世観音に

あめつち に われ ひとり ゐて たつ ごとき

この さびしさ を きみ は ほほゑむ 

DSCF9600-800.jpg

法隆寺の金堂にて

おし ひらく おもき とびら の あひだより

はや みえ たまふ みほとけの かほ

            


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

銀座ぶらり 書展へ [こころの近景]

 第51回 日本書道美術院 秀華書展へ (http://blog.nishobi.org/?cid=5317

DSCF8935_-500.jpg

↑   ↓  紙パルプ会館入り口の 案内です

DSCF8944-500.jpg

  「大衆のただ中に書の華を開かせよう」 をスローガンに

今日まで多彩な内容を誇る書道展 ・・・・・・

漢字・かな・新書芸・篆刻 各部門にわたる「現代の書の華」 ・・・・・と紹介されています 

あと 「墨の仕事展」へ  

DSCF5767-2-500.jpg

 http://www.sakuranoki.co.jp/exhibitions/4177

 ↑ クリックすると 篠田桃紅氏の 作品など見ることが出来ます

  ↓  帰り 地下鉄銀座駅へ出るまでの 写真です

     DSCF8868-500.jpg

DSCF8861-500.jpg

DSCF8864.jpg

DSCF8853-500.jpg

DSCF8850-500.jpg

     DSCF8856のコピー.jpg


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

仰げば尊し [こころの近景]

卒業シーズン

最近の卒業式には あまり歌われなくなった 仰げば尊しの 唱歌が

入っている 古い本を見つけました

DSCF3482-400.jpg

DSCF3485-500.jpg

DSCF3477-400.jpg

 目次右から4番目に  「あふげ(バ)ば尊とし」 とあります

↓ 歌詞

文字は 明治のころまで使われていた 変体仮名といわれる文字で

かな使いも当然 旧かな使い 漢字の振りがなも 変体仮名です

DSCF3480-800.jpg

第五十三 の あ(阿)ふげ(介゛)ば(ハ゛)尊(たふと)し 目次には 「尊とし」

が書かれていますが この題には 振り仮名に 「と」がはいっています

  1番 3番の歌は カタカナ 2番は ひらがなの 活字体 

DSCF3468-500.jpg

 ↓ 最期のページ

DSCF3474-800.jpg

右に 明治17年3月29日印刷発行

同18年5月再版

昭和10年3月5日印刷  と書かれています

仰げば尊し の歌が小学校の唱歌に入ったのは 明治17年から 

作者 作曲は不明とされていました   

↓ ウィキペディア  参考になるかもしれません

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%B0%E3%81%92%E3%81%B0%E5%B0%8A%E3%81%97

 この本は 和紙に印刷され 和とじ本に製本されています

珍しい 福紙と思われる 紙が折れたまま裁断され綴じられていました

DSCF3487-300.jpg

DSCF3492-300.jpg

上の 本とともに

大正5年(100年前)に書かれた 「送辞」が 出てきました

DSCF3493-501.jpg

書き出し 回首いたしますれば と書かれています

この「回首」 は 良寛の漢詩

     草庵雪夜作

   回首七十有餘年

   人間是非飽看破

   往来跡幽深夜雪

   一炷線香古匆下

        を思い出しました

 

DSCF3498-800.jpg           






トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

奈良、京都の鷗外ー今日オクラガアキマシタ [展覧会]

森鷗外記念館 

「奈良、京都の鷗外ー今日オクラガアキマシタ」 展覧会へ行ってきました 

DSCF7146-500.jpg

DSCF7149-500.jpg

 右のポスター 今日オクラガアキマシタ 天気ノヨイ日デ皆ヨロコビマシタ。 十一月二日

地下鉄 千代田線 千駄木から歩いて 3分ほど で着きました

DSCF7142-400.jpg

DSCF7150-400.jpg

入り口 入ると ↓

DSCF7154-500.jpg

地下への階段から天井をみあげると

DSCF7159-400.jpg

展示の地下1階 展示作品は 撮影禁止です

 ぜひ ↓ をご覧ください

 http://moriogai-kinenkan.jp/modules/event/index.php?smode=Monthly&action=View&event_id=0000000452&caldate=2015-12-2

たくさんの書簡拝見 お子様や 奥様 佐佐木幸綱ほか への 書簡など

特に 鷗外が亡くなる3日前に口述し 加古鶴所が筆記した 

遺言状http://moriogai-kinenkan.jp/modules/collections/index.php?cat_id=2

に こころ奪われました

「・・・・・死ハ一切ヲ打チ切ル重大事件ナリ・・・・・

・・・・・・墓ハ森林太郎墓ノ外一字モホル可ラス 書ハ中村不折ニ依託シ・・・・・   」

鷗外の文字は カタカナだけであったり漢字とカタカナ がほとんどでした

最近の書道展では あまり カタカナの作品は見当たりませんが

今 カタカナの文字をつかった俳句や短歌が多くなってきましたので

 かな書道では これからは カタカナ文字作品 カタカナと漢字との

素晴らしい作品となるような勉強が大事になってくるように思いました 

歌集 「奈良五十首」 のなかの 歌も 展示されていました

 喫茶室から お庭拝見

DSCF7181.jpg

DSCF7184-400.jpg

     沙羅の木

   褐色の根府川石に

   白き(起)花はた(多)と(登)落ちたり

   あ(阿)り(里)と(登)しも青葉がくれ(連)に

   見えざり(里)しさ(左)ら(羅)の(能)木の花

     森林太郎先生詩

        昭和25年六月 

           永井荷風書

DSCF7186.jpg

DSCF7176-400.jpg

  沙羅の花が咲くころ 又来たいと思いました


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

書の流儀 展 [展覧会]

出光美術館 へ 文字の力・書の力 書の流儀 展へ行ってきました

↓ は出光美術館のHP です 

http://www.idemitsu.co.jp/museum/honkan/exhibition/present/index.html

展示概要には 「書」をめぐる多彩な魅力をさぐる。・・・・・

「書」ってこんなに面白い?-と振り向いてもらえる新春にふさわしい展覧会です  

書のみどころでは 「書」の鑑賞 方法のコツを知る展覧会 です  と書かれています

解説を読みながら拝見するとあっという間に時間が過ぎました

日本独自の書表現とされる 和様という仮名文字 和歌の世界

桃山時代以後からの松花堂昭乗 本阿弥光悦 仙崖などの 

書画が 絵と書の「組み合わせ」に粋を尽くされていることに 

心残りました

皇居の方を眺めながら お茶を頂きました

DSCF0627-500.jpg

DSCF0637-500.jpg

 傘寿をこえられた 両陛下がフィリピンへ出発され

「・・・・・ 膨大な数に及ぶ無辜の市民が犠牲になったことを心に置き・・・・・」と

述べられる陛下 無名戦士の墓や 戦没者の慰霊碑に供花される 両陛下の

ニュースを思いつつ 

仮名の多彩な古筆に浸る幸せを感じて帰りました


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

松涛美術館へ [展覧会]

「最初の人間国宝 石黒宗麿のすべて」 を観に  渋谷区立松涛美術館へ行ってきました

DSCF1228-500.jpg

DSCF1231-400.jpg

DSCF1158-400.jpg

DSCF1210-400.jpg

作品の一部は  ↓ をクリックすれば見ることが出来ます

 http://www.museum.or.jp/modules/topics/index.php?action=view&id=749

 素晴らしい陶芸作品ともに とても惹かれたのは 書画でした

 ・ 阿々笑而去 (かかとわらひてさる)

 ・ 書 「喫茶去」 

 ・ 一行書 「春来物色鮮」 はるきたりてぶっしょくあざやかなり

 ・書 「たらちねの・・・・・」

など 書家の書とは違う  

暖かさ ユーモア あり  墨色 空間  絵と書の絶妙なバランス 等

勉強になりました

建物 館内も 美しく魅力ある とても素晴らしい美術館でした

DSCF1218-400.jpg

DSCF1196-400.jpg

DSCF1150-400.jpg

DSCF1222-400.jpg

DSCF1193-401.jpg

    DSCF1223-400.jpg


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

第17回 NHK全国俳句大会(平成27年度)  [俳句]

第17回 NHK全国俳句大会に行ってきました

DSCF1239-500.jpg

   DSCF7082-450.jpg

 ↑   俳句大会入選作品集 の ご挨拶から

「・・・・・題詠と自由題あわせて42、504句

題詠である「一」では「三・一一」から震災を振り返った作品、「一人」と詠んで

自分を深く見つめる作品が多くよせられました。

また、自由題では、戦後七十年という節目の年を迎え、戦争体験や戦後の

日本の歩みを振り返った作品などが多く見られました。・・・・」 

 大賞は

・ 一等は靴の脱げし子運動会    石川のぶよし さん

・ 朝顔の咲いていた筈ヒロシマ忌  荒田 苔石 さん

・ 子規の忌をもって風鈴外しけり   小林美成子さん

・ 庭に来て大きな蝶となりにけり    能田 孝昌さん

・ 次々と戻り霜夜の一家族       石橋 玲子さん  

                                   でした

4時過ぎ終了 外は 今冬一番寒い日の暮れ

大会の余韻を残す人たちでした

DSCF1254-500.jpg

DSCF1252-500.jpg

明治神宮への門は閉ざされ 落陽のなか 行き交う人々

DSCF1311-500.jpg

 ↓ 明治天皇御製 「光といふことを」

DSCF1311-1-500.jpg

とても いい 俳句大会でした

俳句大会の 放送予定は NHK Eテレ 2月13日(土) 午後3時~4時14分 

俳句大会 受賞作品などは  ↓  で見られます 

 http://www.n-gaku.jp/taikai/haiku/h27/

わたしの 俳句入選 一句は いつか書にしてみたいと思っています

全国短歌大会へは 行かれませんでしたので

テレビでみたいと思っています

全国短歌大会 受賞作品 などは  ↓ でみられます

http://www.n-gaku.jp/taikai/tanka/h27/


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

歌会始めの御題によせて 平成二十八年 [書道展]

渋谷の ギャラリー6 で 

平成二十八年 歌会始の御題によせて 

短歌展 書展を展示中

DSCF6855-500.jpg

幼児から 毎日書道展参与会員まで 

自詠の短歌や 「人」が入っている言葉を作品にした 

とてもユニークな楽しい展覧会です

DSCF6849-400.jpg

DSCF0702-400.jpg

DSCF0714-400.jpg

DSCF0741-400.jpg

DSCF0739-400.jpg

   DSCF0732-250.jpg

  DSCF0749-400.jpg

  人と猿の問答おかし啄木の「林中の譚」吾は貴ぶ    と書かれています

作品の素晴らしさ 詠まれた歌に惹かれました

新春 沢山の展覧会で色々な書作品を拝見しましたが 感動する作品少なく 

その中で  日比野五鳳の作品「赤とんぼ」とともに とても感動いたしました

石川啄木の 「林中の譚」 について 書かれている ブログ ↓ をのぞいてみてください

http://ameblo.jp/3231tukusi/entry-12019135192.html

 暮に近くの林の桜の樹にいた猿です

DSCF0021-300.jpg

DSCF0422-300.jpg

今日も 里山近くに住むわが家やご近所の屋根に日向ぼこをしておりました

DSCF0864-300.jpg

 ↓ は お題「人」を 詠んだ さねさし作品です

DSCF6843-800.jpg

 ↑ の作品 右は 

  「うた人の家持もみしか能登湾に光道灯す十五夜の月」

和倉温泉へ昨年中秋の名月の日に旅し 翌朝ホテルの窓から 

名月の海に入るところを見た感動を詠みたいと思ったのですが・・・・・

大伴家持は 越中の国司を勤めたころ 能登の歌を詠んでいます

「鳥総立て船木伐るといふ能登の島山 今日見れば木立繁しも幾代神びぞ」(万葉集4026)

和倉温泉の記事 ↓ みていただければうれしいです

http://sanesasi.blog.so-net.ne.jp/2015-11-03

左の作品は 伐られた年輪に人という字にそっくりな割れに

想いをこめたく詠んだのですが

  「いつしかと年輪重ね来し人の重荷おろして旅だちにけり」

短歌は 難しく その日の日記代わりとして三十一文字にしただけです

 ↓ は 今年の日書展に 出品した作品です

DSCF0408-500.jpg

今のわたしは 一人で楽しんでいます

出かけるときは必ず カメラを持ち 写してきた写真をパソコンで 見る楽しみ

写真展に出せそうな写真 和歌や 俳句が作れそうな写真

失敗写真も 書にする料紙に加工できそうな写真など

写真から 加工した写真に どんな紙に どの筆で どんな言葉をどのように

書くかなどなど 楽しんでおります


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
前の30件 | -