So-net無料ブログ作成

歌会始の御題によせて 光(平成三十一年) [書道展]

歌会始の御題によせて  前期展へ

 IMG_2231-500.jpg


IMG_3876-300.jpg


IMG_2240-500.jpg


IMG_2243-500.jpg 


IMG_2253-500.jpg


IMG_2252-500.jpg



IMG_2247-500.jpg


IMG_2245-500.jpg


IMG_2246-500.jpg








IMG_2429-300.jpg IMG_2427-300.jpg


IMG_2282-500.jpg



 IMG_2237-500.jpg IMG_2395-500.jpg





     IMG_2271-500.jpg





毎日書道会の参与会員の先生 審査会員の先生方のすばらしい作品に混じって


学生たちの公募書道展の作品とは まったく違った 

3歳のお子さんからのユニークな ユーモラスな作品などに

とても癒されました

2020年から 学校の教育方針が 今までの先生の講義を聞くだけの授業から

主体的・対話的で深い学び(アクティブラーニング)が実施されるようになります

書道では どんな指導法になるのでしょう

お手本どうりに上手に書くだけではなく お子さんの個性溢れる書へと変化していくことと思います

その魁のように感じる作品をこの展覧会に感じうれしく思いました


IMG_2286-500.jpg


お子さんたちの 楽しい作品をみたあと 会場から外を見ると初雪が降りだしていました



一茶の 俳句

「初雪やいろはにほへと習う声」 と重なりました


日比野五鳳先生の お作 一茶の句の作品が懐かしく思い出しました

「うまさうな雪がふうわりふうわりと」


IMG_3877-800.jpg


↑ は 生誕100年記念 かな書の巨匠 日比野五鳳展図録  からお借りしました





共通テーマ:アート