So-net無料ブログ作成

第71回 毎日書道展 [書道展]

第71回毎日書道展 国立新美術館会場へ行ってきました


IMG_0364-600.jpg


毎日新聞 8月1日夕刊の 「書の世界」欄には

「現代の書の現況を確認し、書を鑑賞する楽しみを味わっていただきたい。

毎日書道展の特徴の一つとして 多彩な表現を網羅している点が挙げられる。

自由な精神に基づいた時代感覚あふれる表現の一端を紹介する。・・・・・・」

と第71回毎日道展の 紹介記事が出ていました。

東京展の国立新美術館会場は 8月4日で終わってしまいましたが、

これから全国で巡回展示されます。

今回は 特別展がなく非常に残念でした。

下は 会場風景です。



IMG_0366-500.jpg


IMG_0398-500.jpg


IMG_0409-800.jpg


IMG_0419-500.jpg


-500.jpg


IMG_0391-500.jpg


DSCF2247-500.jpg


DSCF2186-500.jpg


IMG_0641-500.jpg




多彩な「現代の書」 を拝見しているうちに 出品している方の知人か、身内の方など一般の方で 「しかし 読めない」 という声をいく度かきこえました。

漢字部作品は 漢詩文を 墨色黒々と また草書を駆使して 意味も字も解らない作品、 

かな部作品は 今は使われていない変体仮名を駆使して、和歌短歌や俳句などを流麗に書かれているが読めません。

近代詩文書部では 原文どうり書かれていると思うのですが  漢字 ひらがなも、

デフォルメされ読めない。書かれた内容と書の表現の違和感などに 戸惑ってしまった。

書芸術は 読めなくてあたりまえなのかもしれしれません。

 

豊かな内容をもつ現代の言葉を 誰でも読め、そして格調のある美しい書、

書の外面の技術だけではなく、作品の内面からにじみ出る 余韻 趣 余情など、

何かがでてくる作品をつくることの書の難しさを 痛感した 展覧会でした。


DSCF2252-500.jpg


DSCF2185-500.jpg

  ↑  会場入り口の 傘置き場






共通テーマ:アート

水穂書展(第57回) [書道展]

IMG_9119-400.jpg


IMG_9123-500.jpg


第57回 水穂書展 へ 行ってきました


IMG_9146-801.jpg

 


IMG_9148-800.jpg



IMG_9139-800.jpg



IMG_9142-800.jpg



IMG_9141-800.jpg



IMG_9138-800.jpg



日比野五鳳先生の絶筆の「共にさくよろこび」のお作品から、

「皆で書の花を咲かせていこう・・・自分の花を咲かせてみんさい、

そこに大きな喜びがある・・・・」とおっしゃられたそうです。

 

会場は 書の花が満開のようでした。

 

またご自分の花を咲かせられた作品の一つ

良寛の 漢詩 和歌などを読みやすい書体で書かれ 漢字 かな 調和体などの

垣根を越えた書を発表された作品にとても魅せられました。




共通テーマ:アート

吹筆會展(2019年)のご報告 [書道展]

4月1日 元号 「令和」の 発表された午後に  作品陳列

翌日2日から吹筆會展開かれ 7日に終了いたしました

作品の一部を紹介させていただきます 


福地桂玉先生作品  十大願 良寛

DSCF0333-500.jpg


DSCF0334-500.jpg

IMG_6156-A800.jpg


↓ 福地桂玉先生作品


   DSCF0331-2fukutihaiku800.jpg


       四方より花吹入て鳩の海  芭蕉句


     IMG_6037-fukuti800.jpg



 ↓ から 矢部恵子先生作品



かぜのむたそらにみだるる白雲をそこにふみつつあさ川渡る  会津八一歌


IMG_6382-yabe800.jpg

くさふめばくさにかくるるいしずゑのくつのはくしゃにひびくさびしさ 会津八一


DSCF0312-yabe.jpg


↑ 万葉集より 九首  ↓ は 最初の部分を拡大

IMG_6104yabemanyou500.jpg


 ↓ 最後の部分拡大

IMG_6108-yabemanyou2-500.jpg

IMG_6010-yabe800.jpg

人の非は非とぞ憎みて非とすれど我が非は非とも知らぬ愚かさ 新渡戸稲造



 IMG_6209-isiro500.jpg 


IMG_6208-hasegawa500.jpg

 

IMG_6354-hayase500.jpg 


IMG_6358-kanno500.jpg 


IMG_6359-ootaka800.jpg


IMG_6034-sugita800.jpg


IMG_6110-akiyama-400.jpg IMG_6364-400.jpg



IMG_6205-haigyoku800.jpg



華やかな桜の季節 たくさんさんの方々が観にきていただきました 





共通テーマ:アート

吹筆會展(2019年)のお知らせ [書道展]

吹筆會展のお知らせ

31年4月2日~7日まで 午前11時~午後7時(五時まで)

銀座鳩居堂 4階で 開催中です


IMG_6053-800.jpg



IMG_5991-800.jpg



IMG_6055-800.jpg


 ↓ 先人の書 光悦書状です


IMG_5999-800.jpg


               IMG_6000-500.jpg



      どうぞご高覧くださいませ



IMG_3086-500.jpg


   鳩居堂の前には 花見堂が 飾られています







共通テーマ:アート

歌会始の御題によせて 光(平成三十一年) [書道展]

歌会始の御題によせて  前期展へ

 IMG_2231-500.jpg


IMG_3876-300.jpg


IMG_2240-500.jpg


IMG_2243-500.jpg 


IMG_2253-500.jpg


IMG_2252-500.jpg



IMG_2247-500.jpg


IMG_2245-500.jpg


IMG_2246-500.jpg








IMG_2429-300.jpg IMG_2427-300.jpg


IMG_2282-500.jpg



 IMG_2237-500.jpg IMG_2395-500.jpg





     IMG_2271-500.jpg





毎日書道会の参与会員の先生 審査会員の先生方のすばらしい作品に混じって


学生たちの公募書道展の作品とは まったく違った 

3歳のお子さんからのユニークな ユーモラスな作品などに

とても癒されました

2020年から 学校の教育方針が 今までの先生の講義を聞くだけの授業から

主体的・対話的で深い学び(アクティブラーニング)が実施されるようになります

書道では どんな指導法になるのでしょう

お手本どうりに上手に書くだけではなく お子さんの個性溢れる書へと変化していくことと思います

その魁のように感じる作品をこの展覧会に感じうれしく思いました


IMG_2286-500.jpg


お子さんたちの 楽しい作品をみたあと 会場から外を見ると初雪が降りだしていました



一茶の 俳句

「初雪やいろはにほへと習う声」 と重なりました


日比野五鳳先生の お作 一茶の句の作品が懐かしく思い出しました

「うまさうな雪がふうわりふうわりと」


IMG_3877-800.jpg


↑ は 生誕100年記念 かな書の巨匠 日比野五鳳展図録  からお借りしました





共通テーマ:アート

新春の書道展めぐり(亥年) [書道展]

現代の書 新春展 ー今いきづく墨の華ー

和光ホール24人展

IMG_2197-500.jpg


セントラル会場100展

IMG_2206-500.jpg


IMG_2208-500.jpg



IMG_2211-500.jpg


IMG_2215-800.jpg



日本橋 高島屋 第63回 現代書道二十人展


DSCF8586-500.jpg



上野 東京都美術館

    書の祭典 第73回 日書展


    IMG_3333-300.jpg

      

IMG_3499-500.jpg


IMG_3522-500.jpg


IMG_3510-500.jpg


IMG_3345-500.jpg


IMG_3338-500.jpg


IMG_3528-800.jpg




見る、知る、感じる 現代の書


IMG_3437-500.jpg



IMG_2148-500.jpg


IMG_3432-500.jpg  

 



上野公園の 看板


IMG_3316-500.jpg


IMG_3319-500.jpg


IMG_3326-500.jpg


IMG_3324-500.jpg



IMG_2166-500.jpg








共通テーマ:アート

文化の日の 書道展めぐり [書道展]

文化の日に 書道展をめぐってきました


IMG_0530-500.jpg


御成門近く 東京美術倶楽部へ 


飯島春敬 書の門流展へ 

春敬記念書道文庫の名筆とともに を拝見に


古筆展示は 

小野道風 「絹地切」      伝藤原行成筆 「かな消息」     

伝紀貫之筆の 「高野切第一種 第二種  第三種 」 「名家集切」

 

↓ 伝藤原行成 「関戸本古今集切」 

  (会場でいただいた 案内 の「おみなへし」 )

IMG_0923-800.jpg



  ↓   現代作家 展示会場



IMG_0536-800.jpg



銀座 和光へ 


第二回 美の魁け  日展の現代(いま)


IMG_0569-800.jpg


書部門では 日比野光鳳氏 小山やす子氏 土橋靖子氏 

今年 文化功労者に選ばれた井茂圭洞氏ら14名の作品が展示されていました


↓ 井茂圭洞氏作品 「鶯」 (上の写真を拡大しました)


IMG_0572-500.jpg



↓ 和光の ショウウインドウ


IMG_0559-500.jpg



このほか東京銀座画廊・美術館8階で

第42回 書壇巨匠展 MINI作品展 ほかめぐってきました 




共通テーマ:アート

読売書法展 読める書への挑戦 [書道展]

乃木坂の国立新美術館へ 読売書法展

本格の輝き 第35読売書法展 「記念事業」 読める書への挑戦 へ行ってきました

IMG_2632-500.jpg


いただいた ビラには 

第35回の節目となる今年の読売書法展では、“読める書”に取り組んだ先達の「漢字かな交じり}作品を取り上げ、・・・・・

「調和体」のこれまでの歩みを紹介し、現役幹部書家の最新の調和体作品などとともに、現代の書が秘めた進化の可能性を追求します。 と書かれています


詳しくは ↓ を





出品作品リストには  

日比野五鳳 小阪奇石 今井凌雪 西河寧 桑田三舟 村上三島 ほか27名 

一人 1点から3点 48点の作品が展示されていました


勉強不足の私には やはり読めない書もありました


日比野五鳳作品は 

土井晩翠 「荒城の月」 

石川啄木 「あたらしき心」 (あたらしき心もとめて名もしらぬ街など今日もさまよひて来ぬ)

松根東洋城「のどかさ」 (のどかさに寝てしまひけり草の上) の三点 

今まで 拝見した作品や私が持っている図録で見る作品とは 違った別な作品でしたが

やはり 一番 素晴らしく 感動いたしました


現役幹部書家の調和体作品 力作拝見しましたが 

読めて親しめる書 でありながら 芸術としての書の難しさを痛感して帰りました



会場風景


IMG_2642-800.jpg


IMG_2648-800.jpg






共通テーマ:アート

第70回毎日書道展 [書道展]

毎日書道展 前期展(7月23日まで) 国立新美術館へ

IMG_0580-500.jpg

7月22日に表彰式が開かれました

↓ をクリックすると 表彰式の動画が観られます




会場風景


役員作品展示室

IMG_0585-800.jpg


                 文部科学大臣賞作品 

IMG_1151-500.jpg




IMG_1150-500.jpg


00000003-500.jpg


IMG_6787-500.jpg


IMG_6784-500.jpg



第70回毎日書道展特別展示 墨魂の昴 近代書道の人々 


00000004-500.jpg


近代書道の礎を築きあげた書人64人の作品を展示。「現代の書」の黎明期に光を当てる。  

命の表現 豊かに  ↓ の記事へ



毎日新聞 7月26日 夕刊「書の世界」 に 「黎明期に光を」の 記事 ↓




連日の猛暑の中 会場内は熱心に鑑賞されていました


後期展は (漢字 近代詩文書 篆刻 刻字) 8月5日まで






共通テーマ:アート

筒井敬玉23回忌・書展へ [書道展]

 筒井敬玉23回忌・書展 へ行ってきました

IMG_0740-1.jpg

敬玉先生が亡くなられてはや23年経った今 先生のお作品を目のまえに感無量 今になって改めて敬玉先生の素晴らしさを再認識させられました



IMG_0605-1000.jpg


 ↑の 写真 右下の 「書の世界」 は 毎日新聞 記事 へ クリックして御覧ください




IMG_6856-500.jpg

↑ 「百人一首」の帖に見入ってしまいました


IMG_0724-800.jpg

↑ 万葉集 20巻のうち 広げられた 数巻


IMG_6848-400.jpg


IMG_6796-400.jpg


IMG_6807-400.jpg


IMG_0727-400.jpg

IMG_0617-2A-400.jpg IMG_0618-400.jpg

IMG_0734-500.jpg 

IMG_0734-A400.jpg

IMG_0741-A400.jpg IMG_0742-A400.jpg



IMG_0599-A-800.jpg



毎日新聞 「書の世界」で 桐山記者の言葉の

 

「紙に凝り、言葉の意味を考えながら何とも楽しげに筆を走らせた様子が伝わってきて、感銘を受けるに違いない。

とりわけ、強じんな書線の魅力的なこと! 微妙な変化をつけながらも、ぐいぐい進んでいく線の運動にうっとりさせられる。・・・・・」

 

お言葉どうり うっとりとさせられました

 

 記事に添えられた写真は ↓ 3点 です



IMG_6842-400.jpg


IMG_6841-400.jpg


       IMG_6836-400.jpg


このほか 百人一首


0010-400.jpg


   IMG_6823-400.jpg



主催者のご挨拶に 「生前の敬玉をご存知の方には 懐かしく思いだしていただけたら・・・・・」と書かれていました 敬玉先生に30年近くご指導いただき 今先生のなくなられた歳近くになり 懐かしさ以上の深い複雑な思いがこみ上げてきた書展でした







共通テーマ:アート