So-net無料ブログ作成
かな書を楽しむ ブログトップ

山頭火の句をはがきに書く [かな書を楽しむ]

山頭火の句を はがきに書く稽古をしました

00000001.jpg


    IMG_1041-400.jpg


   IMG_1028.jpg


    IMG_1035-400.jpg



IMG_1060-400.jpg


  

IMG_1068-400.jpg






IMG_5177-1-400.jpg



IMG_5182-1-400.jpg


   IMG_5185-2-400.jpg


   IMG_5471-400-2.jpg


   IMG_5480-400.jpg



IMG_5481-400.jpg



IMG_5483-1-400.jpg



   IMG_5484-400.jpg



IMG_5497-400.jpg


   IMG_5482-400.jpg


 


原文どうり、 

なるべく変体仮名を使わないように、 

連綿もしないように、

読みやすすいように、を心がけました。

しかし、これは 優しいようで 連綿や草書 変体がなを駆使して流麗に

書くよりも、とても難しいことでした。 







共通テーマ:アート

初夏の俳句の稽古 [かな書を楽しむ]

市の公民館 書を楽しむ会 で書の稽古をしています

今回は 初夏のころに咲く花にあわせて 俳句を 書く稽古をしました 

  

IMG_5814-800.jpg


IMG_7726-500.jpg


     IMG_7735-500.jpg



IMG_8149-500.jpg



IMG_8151-500.jpg 


IMG_8156-500.jpg



IMG_8154-500.jpg



IMG_8159-500.jpg 



IMG_8165-500.jpg






 


IMG_8204-500.jpg




 わが家の庭や近くで撮った写真 花の俳句を 原文のまま稽古しました


nice!(1) 
共通テーマ:アート

小町祭りによせて小町の和歌を [かな書を楽しむ]

 森の里公民館まつりに

「書を楽しむ会」 も参加しました

今年のテーマは 「小町まつり」に あわせて

小野小町の和歌をテーマにした作品も展示しました


IMG_0807-800.jpg


↑ 小町短歌コーナー

  はがき大の料紙から 色紙  小さな作品を 小さな帖に貼った作品など

IMG_2617-800.jpg


IMG_0927-300.jpg IMG_0930-300.jpg 


IMG_0931-300.jpg IMG_0932-300.jpg


IMG_0933-300.jpg  IMG_0937-300.jpg


IMG_0935-300.jpg  IMG_0936-300.jpg




 ↓  日ごろの鍛錬を 自分で額に仕上げるまで 大きな展覧会では味わえない

    書を楽しんだ 成果を展示



IMG_0810-800.jpg



IMG_0808-800.jpg



IMG_0831-500.jpg


作品に仕上げるまでの過程を大事に

 ・何を書くか書きたい言葉探し

 ・書きたい言葉を どう表現するか

 ・紙の大きさ? 紙の質 

 ・原文のとおりに書くか 変体がななど交えて書くか

 ・単体で書くか 連綿を駆使して書くか  

 ・作品を縦にするか横にするか あるいは 扇面にするか

 

 ・書き上げた作品を どういうう装丁にするか 額装か 軸か 帖か

 ・作品を効果的にする表具の形式は?

  など考えて 仕上げた作品 です


  まだまだ未熟ですが 自分の考えを大事にお互いの個性を大切にしながら 

  楽しみながら 俗にならないように手習いをしておりなす



厚木市の小野の地で 語り継がれてきた小町伝説があります


小さな里山 「小町山」をのぼると ささやかな祠 小町神社があります


IMG_2513-500.jpg


祭神は小野小町で この小野の里は平安時代の歌人である

小野小町の出生の地として語り伝えられています



IMG_2505-800.jpg

  



語りつがれている伝説である 小町の七不思議


IMG_2586-500.jpg



 IMG_2585-500.jpg





IMG_2504-500.jpg


IMG_2507-500.jpg




IMG_2567-500.jpg


これら七不思議としてして語り継がれ 小町まつりとして毎年 催されています


祭りの行事の一つ

短歌の応募があり 小中学生、一般の人の入選者の受賞式もあります


近くの大学の 小町に扮した学生さんが 短歌を詠み上げ賞状をいただきます


IMG_1096-500.jpg





00000007-800.jpg


↑ 2016年の小町まつりに 入賞した作品  その一点を作品に  ↓


IMG_1534-800.jpg


  美しき料紙に古歌を書きをれば相武(さがむ)の小野の小町とならむ  お題 野


                             (今年の歌会初めの お題が 「野」) 

 











共通テーマ:アート

伝統のかな書の美しさ [かな書を楽しむ]

市の生涯学習 「かな書を楽しむ」 の講座

今回は 伝統のかな書道の美しさについて

平安時代に書かれた古今集などの文字の美しさを複製本など

見ながら学ぶ を目標に 目習いを主に 臨書の稽古をしました 

第一回目は

 ↓ の 「名寶 古筆大手鑑」 の本 などを鑑賞しながら 昔の名筆を知る 

-500.jpg 

寸松庵や 元永本古今和歌集の複製本などを中心に鑑賞しました  

DSCF4478.jpg

DSCF4454-800.jpg

DSCF2517.jpg

↑ 元永本古今和歌集 複製本から

2回目は 高野切一種の臨書

古筆の中では 高野切 特に第一種が 品格 高く稽古に入りやすいため

 この臨書をしました

・高野切(こうやぎれ)は


平安時代後期十一世紀に書写された『古今和歌集』の現存する最古の写本です


和歌の規範として 平安時代には必須の教養とされ 尊重されてきました


日本文学史の研究資料としても貴重であるとともに その書風は仮名書道の


最高峰として古来から尊重され 日本書道史上もきわめて重要な作品です



・名まえの由来


古筆には、それぞれ名前がついています 持ち主や料紙の特徴や発見された場所など

によりいろいろな名前が付けられています


「切(きれ)」とは、完本に対して一部しか残っていないものをいいます


「高野切」の高野は この古筆の一部が高野山にあったことからこの名が付けられました


古今集二十巻を三人の人が分担して書かれているため 筆者ごとにわけられ

高野切第一種、高野切第二種、高野切第三種と呼ばれています

高野切を書かせたのは、藤原頼道 当時の有力者藤原道長の子で 

宇治の平等院を建立したことでも有名です


「伝・・・・筆」と書いてあるのは 後の人(江戸時代の古筆家等)がつけ 

伝承筆者であって 本当の筆者ではありません

   第一種   藤原行経

   第二種   源兼行 

   第三種   藤原公経  といわれています

・料紙

つるつるとした薄い黄色がかった麻紙(まし)に上から全体に雲母砂子が蒔かれていて 

装飾のない上品な料紙です


・書風

典雅性が高く かなの優麗性も豊かである 


墨継ぎが巧妙で 墨の濃淡・潤渇・墨の流れが美しい 


行書きで 一首を二行にかかれている


難しい漢字を入れていないので 明るく読みやすい


用筆は直筆 抑揚開閉が微妙である


潤筆のふっくらした線、渇筆のくいこみような細い線のコントラストが美しい




かな書を経験したことのない方でも 読めなくても見ただけで

美しいと感じられるのではないでしょうか

日本人の美意識の高さによって 千年以上も大事にされてきたこの高野切の

完成度がたかく現代の書家もこれまでもこの高野切れの書を越えた作品を

書いた人がいない といわれています

 

DSCF2714-4.jpg

3回目 は 寸松庵色紙の臨書

DSCF3041-500.jpg

       紀貫之 寸松庵色紙の複製本から

DSCF9468.jpg

DSCF9462-800.jpg



寸松庵色紙とは

・内容

古今和歌集の 四季の歌を書写

粘葉装冊子本の断簡である

平安時代の 継色紙 枡色紙とともに三色紙と称されている

・筆者  伝紀貫之

・名前のいわれ

武士で茶人の佐久間将監実勝(さくましょうげんさねかつ)が堺の南宗寺の襖に貼って

あった 三十六枚のうち十二枚を所持したので その茶室の名にちなんで「寸松庵色紙」

と呼ばれ 古筆の名として尊重されました

・料紙

雲母(きら)で文様を摺り出した中国伝来の華麗な唐紙

・大きさは 12.9cm13.3cm、横12.3cm12.8cm

・書風

典麗高雅  線は勁く緩急自在の変化は見事  散らし書きの絶品といわれる

  ↓ 受講者の 臨書作品

DSCF3061-800.jpg

4回目 御物和漢朗詠集粘葉本の臨書

 DSCF9425-500.jpg   

       DSCF9400-300.jpg

DSCF3450-500.jpg

和漢朗詠集とは

平安中期の歌謡集 二巻

藤原公任(きんとう)撰 1012年ごろ成立

「和漢」とは和歌と漢詩文を指します

漢詩文は 白居易のものが多く588首

和歌は紀貫之 (おうし)河内(こうち)(み)(つね)など216首 

804首を選び 春・夏・秋・冬を揃えた上巻 その他雑を集めた下巻


和漢朗詠集を書いた古筆は

大字和漢朗詠集

関戸本和漢朗詠集

伊予切れ などたくさんあります

御物和漢朗詠集粘葉本もその一つ

藤原行成が書いたと言われ 上下2巻 粘葉本に仕立てられていることから

この名がつけられ明治十一年に近衛家から宮中に献上されて以来 

御物になりました

・書風 

漢詩は楷書・行書・草書をまぜ 和歌は端麗にして王朝の風格を持つ美しさ 

・料紙 

色から紙 すべて中国製で 白雲母 または黄雲母で 文様が摺られている

文様は一紙の表面のみ摺られ 裏面はほぼ同色の具引きである

漢字と仮名を同時に稽古出来ると重宝がられ、仮名手本として万人に親しまれ 

寺小屋などで読み書きの教科書のように用いられていた 

  ↓ 受講者の臨書作品

DSCF3652-800.jpg 

 

日本の書道 特に「な書道」を 世界文化遺産として登録を目指す活動が始まったそうです 平安時代に書かれた古筆の美しさを知ることによって 日本文化の素晴らしさを実感したいと思います

昭和55年発行の 東京堂出版 の

「名宝 古筆大手鑑」 編著者 飯島春敬 

は 古筆を勉強する人にとって素晴らしい本だと思います



 


 
 
  
  
  
  
  
  
  


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

かな書を楽しむ「はがきに書く」 [かな書を楽しむ]

市の生涯学習で 「葉書に書く」 講座 が終わりました

1回目 短歌         2回目 俳句  

3回目  ↓ 詩 を書く稽古 

DSCF0124.jpg

   ↑ 書いた葉書を ボードに 貼りました

4回目 家で飾れるような作品に仕上げる

DSCF0888-800.jpg

ダンボールを利用して額にしたり 軸仕立てにしたり アルバムを剥がした一枚に貼ってリボンを着けたりして 飾れる作品に仕上がりました  また 写真用のアルバムにたくさん書き上げた葉書を貼り 一冊の本仕立てしたり それぞれ工夫されて 仕上がりました

お互いに作品の批評をしたりして書の楽しみ方の 一つを体験できたと思います


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

かな書を楽しむ はがきに短歌を [かな書を楽しむ]

前記事に続いて 今回は はがきに 短歌を書く稽古をしました

↓ は 参考作品

DSCF8842-800.jpg
DSCF9667-800.jpg
会津八一の歌を
DSCF9669-800.jpg
 原文どうり ひらがなで書く
変体がなで書く 漢字に変換して書く 稽古
DSCF9663-natunoyo.jpg
DSCF9677-natuto.jpg
DSCF9680-higurasi.jpg
DSCF9680-akikinuto.jpg
↓ 約2時間で 自由に書き上げた受講者作品
DSCF8849-800.jpg
次回は 詩を書く予定です

  


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

かな書を楽しむ はがきに俳句を書く  [かな書を楽しむ]

市の生涯学習 かな書を楽しむ の講座で 

はがきの大きさに 俳句を書く稽古と タンポポを筆にして好きな言葉を書く稽古をしました

↓ は参考葉書

DSCF8307-800.jpg

DSCF8313-500.jpg

DSCF8312-50.jpg

 タンポポを筆にして 書いてみました

DSCF8310-500.jpg

 自由に稽古した 一部です

DSCF8327-500.jpg


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

書の楽しみ [かな書を楽しむ]

DSCF9320.jpg 

 

東京国立博物館から メールマガジン が おくられてきました

その中の  講演会 のおしらせ ↓ をみて

書の楽しみ

書は見るだけでも楽しめる。読んでも楽しめる。時代の好みに従って姿を変える書を、いろんな見方で楽しめることをお話します。

2014年3月22日(土)
時間
13:30~15:00 *開場は13:00を予定し
日程
ております
会場
平成館-大講堂
講師
島谷弘幸(副館長)
定員
380名(先着順)
聴講料
無料(ただし当日の入館料が必要)

 


いつも毎日新聞 日曜版で書かれている 

「書の美」の記事を楽しみに読んでいますので

島谷副館長氏の お講義はぜひとも聴講したいと

でかけました

 

書は読めなくてもよい というお話から

小松茂美先生とのご縁 これまで東博で関わられた展覧会から 

西本願寺本などの裏話などしてくださいました

 書の楽しみ方の一例としての書の魅力は 

・筆の線の美 として 重厚な線→藍紙万葉集 

            闊達な線→一休宗純  

・連綿の美 

・空間構成の美 

 として 枡色紙を例に 

 文字の行間と重書で 奥行き 遠近感が出ている  

 ↓をクリックすると 升色紙の 画像がでます

http://www.tnm.jp/modules/r_collection/index.php?controller=dtl&colid=B1325&t=type_s&id=24

 

継色紙は粘葉裝の冊子本であった

 折った側を糊をつけて本にしたもので 糊をつけたところは開きにくい

 ので そのページは書かないで飛ばして継ぎのページに書かれていた

 為ページをめくるという立体的な鑑賞ができ 余白の美を感じられた 

巻物は 次々とひらいていくうちに先がどう書かれているかという

興味があり

光悦の書 寛永の三筆といわれる信尹の絵に書かれた「し」

の線や 散らしの美 絵と書の調和 絵よりも書の方が上に

みられていたこと など

最後に

書を見るコツをあげてくださいました

・自分の好きな書をみつけること

・書の美しさを ・・・・・(あと聞き漏らしました)

・さまざまな書の背景を知ること  

 とても興味深い一時間半 あっという間でした

 

その後 本館へ行き 見た書 ↓ は

4室の お茶の部屋に展示されていた 勘返状です

DSCF9310.jpg

拡大すると 

DSCF9310-800.jpg

 

DSCF9312-2.jpg

DSCF9312-800.jpg

織部の書状に その返事を信尹が余白に書かれていて 一紙に 二人の合作

今のメールの やりとりのような感じで面白く拝見

 

↓ は法語 が 書かれている お軸 

館長さんのお話で 字形がくずれても 上手くなくても味がある書の

お話を伺った後ですので 言葉はわかりませんが 字形 行間 行の流れ 

墨色などとても楽しく拝見しました 

 DSCF9304-800.jpg

DSCF9307-800.jpg

 

DSCF9306-800.jpg

 

上野のそめい吉野の花はまだ つぼみでした

DSCF9319.jpg

 

DSCF9315.jpg

    ↑ ユリの木 

DSCF9293.jpg

平成館から本館に 行く途中で スカイツリーが見えました

 

 

 

 



 

 


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

かな書を楽しむ (百人一首を書いて粘葉綴じの冊子をつくる) [かな書を楽しむ]

市の輝き塾講座の 「かな書を楽しむ」で

百人一首を書いて 平安時代の本の装丁の一つ 粘葉綴(でっちょうとじ)の

冊子本に仕上げる ことになりました

DSC_8049-300.jpg

 

DSC_8057.jpg

 ↑ 料紙を二つ折にした見ひらき部分 

 

 ↓ 二つ折にした背の部分 2枚を 四ミリほど糊をつけて 貼ったところ

DSC_8073.jpg

 

DSC_8069.jpg

持統天皇の この歌は

百人一首では

春過ぎて夏来にけらし白妙の衣ほすてふあまのかぐ山

万葉集では

春すぎて夏来たるらし白栲(しろたへ)の衣乾したり天(あめ)の香具山 (巻1)

万葉集は 漢字ばかりで書かれていました 原文は

春過而 夏來良之 白妙能 衣乾有 天之香來山

古事記や日本書紀も 中国から入ってきた漢字で書かれています

漢字で日本語を書きあらわすやりかたを 「万葉仮名」と呼ばれています

DSC_8059.jpg

山部赤人の歌

田子の浦にうち出でてみれば白妙のふじのたかねに雪はふりつつ

万葉集では

田子の浦ゆ打ち出でて見れば真白にぞ不盡の高嶺に雪は降りける 巻3

万葉集全講 著者 武田祐吉 の本の 書きくだし文は

 

田児の浦ゆうち出でてみれば真白にぞ不尽の高嶺に雪は零りける

原文は

 

田児之浦從 打出而見者 眞白衣 不盡能高嶺 雪波零家留

 

「雪はふりける」 雪が降ってあった 積もっているのを見て詠んだ歌

 

と注釈があります

DSC_8075.jpg

 ↓  粘葉綴じや 襲綴じなどの冊子本 

DSCN3804.jpg

 

百人一首 を全部書き上げるには 1年くらいかかるところ 4回だけの講座です

歌は最初の十首だけを 一冊に仕上げることになりました

本にする前の 書き方の練習用見本

DSC_8040.jpg

 

DSC_8038.jpg

 

DSC_8041.jpg

 

DSC_8043.jpg

 

DSC_8045.jpg

  粘葉綴の冊子本として有名なのは 

国宝の継色紙 ↓(東京都国立博物館)があります

http://www.tnm.jp/modules/r_collection/index.php?controller=dtl&colid=B2459&t=type&id=24 

 

粘葉綴の方法は 

料紙を半分に折って 背の方を 糊で四ミリくらい 貼るだけの簡単な 装溝です

現在 表裏両面に 書くことができる 練習用の料紙が手に入りにくいのが難点です

練習用料紙(表だけ)や コピー ワープロ用和紙に古典風模様を表裏に

印刷したものをつかいました

 

 


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
かな書を楽しむ ブログトップ