So-net無料ブログ作成
いろは詞華 ブログトップ

いろは詞華(八) [いろは詞華]

いろは詞華  ゑ~す まで

DSC_1709-500.jpg

 恵方とはこの路をただ進むこと 

DSC_1710-500.jpg

 

人にはわからないことを独りでみつけて遊ぶのが 私の楽しみです

                 

                96歳 守一のことば

 

DSC_1712-500.jpg

物には決ったよさはなく

人にはそれぞれ好き嫌い

おまえの舞う姿がよいとのこと

だが わしは好き 

お前のじっとしているとき

   

白楽天の『季節の詩』より 万足卓 訳  鶴

 

DSC_1715-500.jpg

 

 せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ  これや七くさ

 

DSC_1717-500.jpg

 

すすき野やゆふべに近き秋の日のきらめきうすき雲流れゆく 

                  

                  金子薫園歌


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

いろは詞華(五) [いろは詞華]

いろは詞華  う~ま 

   う

いろは う-800.jpg

うり食めば子等思ほゆ栗食めばましてしぬばゆ

いづくより来りしものぞ眼交にもとなかかりて安眠しなさね

山上憶良 万葉集

                                      お料紙に

 

   ゐ

いろは ゐ-500.jpg

 

  井の中の蛙大海を知らず

           

   東北の海の写真に 小さな雨蛙をぼやかして 落款風に飛ばしました

 

 

   の

いろは の-1-800.jpg

野ざらしを心に風のしむ身哉 

「千里に旅立て、路粮(みちかて)をつゝまず、三更月下無何(むか)に入る」と云けむ、

むかしの人の杖にすがりて、貞享甲子秋八月、江上(かうしやう)の破屋(はをく)をいづる程、

風の声、そヾろ寒気(さむげ)也。  芭蕉

 

   

いろは お-500.jpg

おほてらのまろきはしらのつきかげをつちにふみつつものをこそおもへ  会津八一

   

  日向薬師 建て替える前の 本堂の柱の写真に

 

   く

いろは く-800.jpg

国破れて山河あり城春にして草青みたり笠うち敷きて時の移るまで

涙を落としはべりぬ

  

夏草や兵どもが夢の跡   芭蕉

 

     近くの 公園の写真をモノクロに加工して

  

  や

 

DSC_1687-500.jpg

   山あれば山を観る

   雨の日は雨を聴く 

   春夏秋冬 

   あしたもよろし

   ゆふべもよろし 山頭火

 

   相模嶺の写真を加工した和紙に

 

 

 

  ま

 

DSC_1688-500.jpg

 又お世話になりまするとや鳴燕     一茶

 

             小さな 市販の便箋に

 

 

 

 

 


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

いろは詞華(四) [いろは詞華]

いろは詞華 つ~む まで

  つ

   DSC_1675-500-つ.jpg

   徒然草

つれづれなるまゝに、日くらし、硯(スズリ)にむかひて、

心に移りゆくよしなし事(ゴト)を、そこはかとなく書きつくれば、

あやしうこそものぐるほしけれ

仮名消息ふうに 「こころに」からは 上へつづき 「あやしう」から下へ

お料紙に

  ね 

   

いろは ね-800.jpg

   願はくは花のもとにて春死なむその如月の望月の頃  西行歌

   

   伊勢原市 大山の麓 桜満開のころの写真を ぼかして和紙に加工

 

  の 

    P1270644-500.jpg

    奈爾波津爾 佐久夜己能波奈 布由許母里
    

    伊麻波波流幣止 佐久夜己能波奈

 

     なにはずに さくやこほはな ふゆこもり

     いまははるべと さくやこのはな      古今序         

     東京国立博物館で買った料紙に

この歌が書かれた 最古の木簡について  ↓ をクリックしてみて下さい

  http://sanesasi.blog.so-net.ne.jp/2008-05-24

   ら

    いろは ら-500.jpg

       落花枝にかえらず   古語

       桜の花ビラを散らした写真を加工

   

   

 いろは む-1-500.jpg

    無   

   梅の花ビラの模様のある 滲む画仙紙に

   「うめ」 は 「むめ」「んめ」とも書かれている 古筆があります

 

 

 


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

いろは詞華(三) [いろは詞華]

いろは詞華(三) わ~そ まで  

   わ

DSC_1662.jpg

 聖徳太子 17条憲法 

和ヲ以テ(タフト)シト爲ス。

(サカラ)フコト無キヲ(ムネ)トセヨ人皆(タムラ)有リ。

(サト)レル少ナシ是ヲ以テ、或ハ君父(クンプ)ニ(シタガ)ハズ

(マタ)隣里(リンリ)ニ(タガ)フ

然レドモ上(カミ)(ヤハラ)ギ(シモ)(ムツ)ビテ (アゲツラ)フニ

(カナ)フトキハ(スナハチ)事理(ジリ)(オノヅカラ)通ズ。

何事カ(ナ)ラザラン

写経用の紺紙に銀泥で扇面の形にし界線を引き 銀泥で書きました 

   

   

 DSC_1744-500.jpg

 

かたはらに秋くさの花かたるらくほろびしものは懐かしきかな    牧水

 

    市販の練習用半懐紙に

   

   よ

DSC_1743-800.jpg

源氏物語 梅が枝 より

よろずづのこと むかしにはおとりさまに あさくなりゆく よのすゑなれど

仮名のみなむ いまのよは いときはなくなりたる ・・・・・

    

源氏物語を書くお料紙として市販の料紙を 加工して 

  た

DSC_1672-500.jpg

   誰為にしぐれておはす佛哉 一茶句

東京都国立博物館に展示されていた 撮影許可の仏像の壁に映った影を和紙に加工  

     れ

いろは れ-500.jpg

     廉外薫風燕語 庭前緑樹蝉鳴     唐 李白

       滲む画仙紙に

    

   

DSC_1674-800.jpg

そのまゆをよせて何物かを凝視している貌

なにしろ いい貌だ 温かで烈しい       堀辰雄

 

東京博物館の展示 撮影許可の仏像 和紙に加工

 


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

いろは詞華(二) [いろは詞華]

いろは詞華 つづき  ち~を まで

   ち

DSCN6270-800.jpg

智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。

兎角にこの世は住みにくい。                夏目漱石

 蓮の葉に蛙 の写真を和紙に加工して

  り

DSC_1653-400.jpg

   流水先を争はず   (流水不争先  古語)

 

  

     滲むぼかしの画仙紙に

 

  ぬ

P1270703-800.jpg

    沼の静寂 

    深々と繁る柳樹に囲まれた

    静かな沼がある。

    心の奥深くに

    謎を秘めて―

    静かな沼がある。           魁夷

 

    半懐紙料紙に

  る

P1270706-800.jpg

 瑠璃光の薬師如来の祀られし相武の嶺は幽寂として  さねさし

  近くの大山の写真を 半懐紙の和紙にプリントして

   

   を

P1270708-800.jpg

   小倉山峰のもみぢ葉心あらば今ひとたびのみゆき待たなむ     藤原只平

      

   

      寸松庵色紙の大きさの 破り継ぎの御料紙 2枚に

 

 

 

 


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

かるた風 いろは詞華(一)  [いろは詞華]

今年の吹筆會展 に出品した 帖 「いろは詞華」 から

私の好きな言葉を集めて いろはかるた を 作ってみようと 今年の始め思い立ち 

言葉探しからはじめ 私の撮った写真を加工した和紙や いろいろな紙に書き

帖に仕上げることにしました 

作品が仕上がるまで半年近くかかりました

jyou-f-500.jpg

 

jyou -b500.jpg

↑ 吹筆會展に出品した 帖 広げたところ

 

   い~と まで を

   

  い

 

    DSC_9965-500.jpg

最古のいろはの書かれた土器が見つかったという 新聞記事から

私の撮った切り株の写真に 倣書風に書いてみました

http://mainichi.jp/feature/news/20130628k0000m040052000c.html

 

   ろ

    DSC_1640-500.jpg  

     芭蕉の句を 便せんに

 

   は

DSC_1642-500.jpg

「は」 からはじまるいい言葉はたくさんありますが

 枕草子の「春はあけぼの・・・」を

春は曙 やうやう白くなりゆく山際(やまぎわ)すこしあかりて紫だちたる雲の細くたなびきたる 

    練習用料紙に 絵を書き   

 

   に

    DSC_1644-500.jpg

     人間はかんがえる葦である   パスカル  

  昔 陶芸教室で手ひねりで作った小さな像を写真にして

   

   ほ

P1270679-500.jpg

     朋友の訃をきいてをり虫しぐれ   さねさし

    

   

    DSC_1732-500.jpg

平和 平穏無事 いろいろありますが 私の人生 平々凡々 

箱根の彫刻の森で 鉄板のような敷物を撮ってその部分を 画仙の葉書に

 

   と

DSC_1734-500.jpg

    時の歩みの三様の相  シラーの言葉

    未来はためらいながら近づき来たり

    現代は矢の如く飛びさり

    過去は永遠に静止している

                写真和紙加工

 

 

 

 

 


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
いろは詞華 ブログトップ