So-net無料ブログ作成

酷暑のお見舞い 俳句を葉書に [俳句]

連日の猛暑 夏の俳句を葉書に書く稽古をしました


夏の俳句-1000.jpg


    ↓ の写真 3枚 小林一茶の俳句です

一茶俳句-1000.jpg



      一茶俳句2-1000.jpg



一茶俳句3-1000.jpg


                 蓋あけしごとく極暑の来りけり 星野立子句


               IMG_7073-300.jpg




  先日 100円ショップで 見つけてきました  ↓

 

   IMG_7332-200.jpg  IMG_7336-300.jpg 

                     開くと 帖のようになっています



IMG_7331-800.jpg 

葉書に書いた 俳句を 貼ってみました  ↓ は 裏面


IMG_7339-800.jpg


    表紙を 和紙などでくるむと遊び心のある ミニ作品の帖になります


              IMG_063-200.jpg










共通テーマ:アート

NHK全国俳句大会(28年度) [俳句]

NHK全国俳句大会(28年度)へ 行ってきました

IMG_2890-500.jpg

  ↑ 終了後のNHKホール

この大会ニュースは ↓ でごらんください

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170122/k10010848881000.html

     DSCF0838-290.jpg

詠題 自由題あわせて42,996句の中から選ばれた 大会大賞は

・炎帝の降りて来てゐる爆心地     青山 悦子さん

・子は今も働く時間月高し         岩瀬 良子さん

・炎帝に吠えて打席の砂を蹴る      佐々木 ミチ子さん

・水中花風あるやうに揺れにけり     横田 青天子さん

・向日葵を鋤き込む北の大地かな    橋本 幸篤氏

                                         でした 

ジュニア大賞は

・はるかぜみたいにねこをなぜたんだよ     年長 岡本 光生くん

・母の日は草笛吹いてあげました         小学3年 前田 優希さん

・クマゼミは小さな森の川の音              4年 田端 大樹くん

・台風がお詫びにくれた青い空           中学1年 片野 誠夢さん

・走ってるこの感覚が夏なんだ              2年 平岡 咲季さん

・風鈴が風の気持ちを音にする              3年 下津濱智代さん

                                            でした 

来年の題は 「山」 と発表されました

 大会結果は  ↓  に

http://www.n-gaku.jp/taikai/haiku/h28/index.html

IMG_2943-500.jpg 


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

第17回 NHK全国俳句大会(平成27年度)  [俳句]

第17回 NHK全国俳句大会に行ってきました

DSCF1239-500.jpg

   DSCF7082-450.jpg

 ↑   俳句大会入選作品集 の ご挨拶から

「・・・・・題詠と自由題あわせて42、504句

題詠である「一」では「三・一一」から震災を振り返った作品、「一人」と詠んで

自分を深く見つめる作品が多くよせられました。

また、自由題では、戦後七十年という節目の年を迎え、戦争体験や戦後の

日本の歩みを振り返った作品などが多く見られました。・・・・」 

 大賞は

・ 一等は靴の脱げし子運動会    石川のぶよし さん

・ 朝顔の咲いていた筈ヒロシマ忌  荒田 苔石 さん

・ 子規の忌をもって風鈴外しけり   小林美成子さん

・ 庭に来て大きな蝶となりにけり    能田 孝昌さん

・ 次々と戻り霜夜の一家族       石橋 玲子さん  

                                   でした

4時過ぎ終了 外は 今冬一番寒い日の暮れ

大会の余韻を残す人たちでした

DSCF1254-500.jpg

DSCF1252-500.jpg

明治神宮への門は閉ざされ 落陽のなか 行き交う人々

DSCF1311-500.jpg

 ↓ 明治天皇御製 「光といふことを」

DSCF1311-1-500.jpg

とても いい 俳句大会でした

俳句大会の 放送予定は NHK Eテレ 2月13日(土) 午後3時~4時14分 

俳句大会 受賞作品などは  ↓  で見られます 

 http://www.n-gaku.jp/taikai/haiku/h27/

わたしの 俳句入選 一句は いつか書にしてみたいと思っています

全国短歌大会へは 行かれませんでしたので

テレビでみたいと思っています

全国短歌大会 受賞作品 などは  ↓ でみられます

http://www.n-gaku.jp/taikai/tanka/h27/


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

NHK全国俳句大会 (平成24年度) [俳句]

昨日のNHK短歌大会に続いて 俳句大会に行ってきました

P1270546-400.jpg

 

いただいた入選作品集の ご挨拶には

題詠と自由題あわせて43,488句にのぼりました。東日本大震災後 

作者それぞれが感じた人生や自然への思いがいずれの作品にも擬宿されています。

題詠部門では「新」を読みこんだ多彩な季語の豊かさに触れうることができます。

 と書かれています

 

大会大賞は

・一声を瓦礫の山へ雁渡る 塩川貞子さん

・竹の子をよく貰う日よ又貰ふ 光永須美香さん

・狐火や一組だけの泊り客   山田浩子

 

題詠「新」は

・新藁の匂ふ大蛇となりにけり  草間 亨さん

・真っ新の魔除けの布や海女を継ぐ 井上海風さん

 でした

 

年輪大賞は

・認知症の妻よ新年おめでとう   畑 志峰さん

・新妻のひらりと乗って稲刈機   近藤 実さん

でした

特選で 私の好きな句は

・きれいに生きし百歳茄子の花  橋本光乃さん

・吹っ飛ばせ皺も猫背も芋嵐   相原一枝さん

・ひらがなは一字一音鳥帰る   脇 焚女さん

・もの言はぬ土台残れり秋の雨  船越光政さん

他 入選句にいい句がたくさんありました

 

↓ 入選句 私の句です

P1270558-500.jpg

    朋友の訃をききてをり虫時雨(しぐれ)

 

 

帰り道に撮りました

DSC_3591-500.jpg

 

 

 

DSC_3603-500.jpg

 

平成25年度 NHK全国俳句大会 受賞作品 など

結果発表は ↓ をクリックしてください

http://www.n-gaku.jp/taikai/haiku/h25/index.html

 

 

 


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

NHK全国俳句大会 (平成23年度) [俳句]

今日22日 NHK全国俳句大会に行ってきました

昨日の短歌大会より大勢の参加

桜井洋子アナウンサーの総合司会 鈴木桂一郎アナウンサーの特選句披講でした

応募作品も44,617句と多く 又最高齢者は103歳とのことでした

結果発表は ↓を

 http://www.n-gaku.jp/life/haiku/h23/

 

会場内は NHK学園のパンフレットがいっぱい

又俳句について分からないことがあれば 教えていただける コーナーや

入選句などを色紙などに書家が書いていただけるコーナーなどもあり

たくさんの参考書が置かれていました

 

DSCN5821.jpg

 

わたしの好きな俳句は

「立山の雲の中なるお花畑」 大久保文夫氏

年輪大賞をいただかれた

「立山を仰ぎ見て汲む岩清水」 村田武久氏

「しばらくは余震忘るる花の旅」藤井黎子氏

「滴りとなる一瞬のゆがみかな」小松章子氏

「足音をきき分けてゐる寝釈迦かな」 今口雪子氏

「手話の指雪の深さを語りけり」  平井光枝氏

 

鷹羽狩行先生が特選に選ばれた句

「天上は一枚の紺蕎麦の花」渡辺節子さん

鷹羽先生の ご批評 「カメラをやっていられると聞き 構図が素晴らしい 

色彩も美しい・・・句の背景に空間が感じられる 本当に美しいものを

明るく 希望につながる句・・・・」と いいご批評でした

 

 


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

子規庵 [俳句]

東京根岸 子規庵へ 

DSCN1506.jpg

 

 

DSCN1503.jpg

DSCN1500-1000.jpg

  DSCN1507.jpg

 

 

DSCN1508.jpg

 

 

玄関を入るまでは 写真はOKでしたが 部屋 お庭などは撮影禁止

 

ビデオ5分ほど見たあとボランテアの方のお話をきき

子規の寝室にある机の上の芳名録に署名してゆっくりと 展示資料など拝見

とてもこじんまりとしたお家 お部屋いっぱい有名な方たちが集まられて句会 

歌会が催されたとか  

来庵者でこの日はたくさんの方たちで溢れそうでした

私がが訪れた日 4月2日 

明治33年4月2日に 子規が詠まれた歌

「詩人去れば歌人座にあり歌人去れば俳人来り永き日暮れぬ」

 

部屋かおら庭を見ていると 小さな辛夷の木に挿してあった柑橘を

メジロやヒヨドリが啄ばむでいました

子規が眺めておられた小庭には水仙の花 菜の花 ボケの花美しく 

蕗の薹はちょっと薹がたっておりました 

 

 

↓子規庵 HPへ

http://www.shikian.or.jp/

 

子規庵の 前あたりに猫ちゃんが

DSCN1499.jpg

帰る途中 素敵な根岸小学校

DSCN1570.jpg

子規の句碑が ↓

DSCN1493.jpg

    「雀より鶯多き根岸哉」 子規

DSCN1504.jpg

上の写真を大きくしてみました 写真をクリックすると大きくなります

 

4月4日 NHK 教育テレビ 俳句王国 番組で

「山笑う」の季題で子規の俳句

「故郷やどちらを見ても山笑ふ」 紹介されていました ↓

http://www.nhk.or.jp/haiku/tamakotoba/index.html

 

 


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート