So-net無料ブログ作成

かな書を楽しむ (詩を書く) [書道]

市の生涯学習の かな書を楽しむ に今回は 詩を書く

講座でした

DSCF3524-800.jpg

DSCF3522a-800.jpg

IMG_0788-800.jpg

DSCF0145-800.jpg

月1回 4回だけの講座で 初心者からベテランまで

詩の中には 和歌 短歌 俳句なども含まれますが

今回は 近代の詩 好きな詩を書いて 最後は家で飾れるように 仕上げました 

P1270864-500.jpg

童謡 「夕焼け小焼け」の作詞家 中村雨紅氏は

厚木市の高校で27年間教師として また亡くなられるまでいらしゃったとのこと

夕方になると 防災無線から 夕焼け小焼けの曲が流れてきます 

雨紅氏が生前 詣でられた厚木市の本禅寺の お墓からみた 大山の見える夕焼け

DSCF3356-800.jpg

DSCF3378-800.jpg

 お稽古した 詩の一部です

IMG_0720-500.jpg

 IMG_0716-500.jpg

DSCF3506-500.jpg

DSCF3507-500.jpg

DSCF3512-500.jpg

IMG_0777-500.jpg

 DSC_4451-500.jpg

DSC_4498-500.jpg 

 P1240971-500.jpg


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

かな書を楽しむ (俳句を作品に) [書道]

市の講座 かな書を楽しむ  俳句を書く 

最終回は 書いた俳句を家で飾れるように ミニ作品に仕上げました   

  ↓ は参考作品

DSCN1196-500.jpg 

DSCF8453-400.jpg  DSCF8456-300.jpg

           100円ショップで買ったランチョンマットに

     DSCF8530-300.jpg

   DSCF8509-300.jpg 

       写真用 アルバムを一枚にして

DSCF8514-300.jpg  DSCF8467-300.jpg 

   いただいた お軸などの表具した残りの端切に

DSCF8499-300.jpg  DSCF8502-300.jpg

         市販の出来上がった お軸に 

 DSCF8465-300.jpg  DSCF8523-300.jpg

 お中元にいただいた 素麺 の箱       軸の端切れ

DSCF8904-300.jpg

東急ハンズのようなところで売っている小さな額に

 参加された方々それぞれに工夫されたユニークな作品に仕上がりました


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

かな書を楽しむ 俳句を短冊に [書道]

市の生涯学習の講座

かな書を楽しむ

今回は 俳句を短冊に書く稽古でした

DSCN0313-1.jpg

  ↑ 参考作品 

↓ は 大きくして

DSCN0268-800.jpg

DSCN0274-1.jpg

DSCN0285-800.jpg

 ↑の右端は

良寛の住まいである五合庵跡に建つ句碑の全文は

堂久保登盤 閑勢閑毛天久留 於知者可難

    焚くほどは風がもて来る落葉かな

右から二番目は

小林一茶の『七番日記』の文化十二年(1815)の項にある

    焚くほどは風がくれたる落葉かな

芭蕉句

秋深き隣は何をする人ぞ

白露もこぼさぬ萩のうねり哉

物いへば唇寒し秋の風

菊の香や奈良には古き仏たち


蕪村句

山は暮て野は黄昏の薄哉

やすやすと出ていざよふ月の雲

涼しさや鐘をはなるるかねの声

秋風のうごかしてゆく案山子哉

良寛句

うらを見せ表をみせてちる紅葉


子規句

けさりんと体のしまりや秋の立つ


 虚子句

秋風や心の中のいく山河

飯田蛇笏句

をりとりてはらりとおもきすすきかな

短冊は

和歌や俳句 絵などを書く 

タテ36・2  幅6・06センチ (懐紙の タテ8分の一)の大きさ

鳥の子 白紙の画箋  金銀 砂子 箔などちらした料紙など

起源は古く日本書紀には短籍と記されているものがあり

枕草子 には

「これはなにの御短冊にか侍らむ ・・・・」とあり

現代のような形の短冊ではなく 大きさや形は違っていたようです

現代の短冊は

兼好法師の短冊などが残っていることから

室町時代のころからではないかといわれています 

また藤原(二条)為世( 定家の曾孫)と 頓阿法師らが申し合わせてつくったとも

いわれ 

色紙より短冊は約150年遅れて作られたといわれています


 


 


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

かな書を楽しむ (俳句を書く) [書道]

市の生涯学習講座 「かな書を楽しむ」  今回は 俳句を書く稽古でした

1回目は 半紙に好きな俳句 自分の俳句を 書く稽古をし

2回目は 色紙に書く稽古をしました

 DSCF7207-800.jpg

 ↑ は  市販の練習用色紙や 手製の色紙に

芭蕉 蕪村 一茶 子規 などの有名な俳句を書いた 見本作品 

受講者の方は 初心者から経験者まで 俳句を趣味とされる方 多く

上手に書くというより その方の個性を大事に ゆっくりと丁寧に

また読み易く 原文どうりを目標に 約2時間かけて 仕上げました

↓ は 見本作品を 拡大

DSCF7031.jpg

   菜の花や月は東に日は西に  蕪村

 DSCF7025.jpg

 蠶(蚕そら)豆の花に追はれて更衣(ころもがへ) 一茶

DSCF7024.jpg

  古池や蛙飛こむ水の音  芭蕉

DSCF7046.jpg

 古池に水草の花さかりなり  子規

DSCF7007.jpg

   閑さや岩にしみいる蝉の聲(声)  芭蕉

DSCF7047.jpg

  大原や蝶の出て舞ふ朧月  内藤丈草

DSCF7051.jpg

  蓮の花少し曲るも浮世哉   一茶

DSCF7626.jpg

 あの月(月の文字は 写真の月を文字にみたてて)を取ってくれろと泣く子哉  一茶

(和歌の一文字か二文字を絵など表現しわざわざ文字を省略した古筆を参考に)

DSCF7044.jpg

   もてなしの心を花に語らしめ  虚子

 銀座では 第32回 日本詩文書作家協会書展が 開催されていました

  DSCF7631-300.jpg

今回は 俳句と書の世界 として たくさんの書家の俳句作品 

俳人の書は 現代俳人の作家が 色紙に書かれた俳句が展示されていました

同じような書風の作品の多い書家作品とは違って 

俳人の書は それぞれお人柄を想像する楽しみのある作品多く 

ご自分の俳句作品を大事にされて書かれている作品 

あっさりとさらりと書かれている作品 など

俳句の鑑賞とともに書に興味深く拝見させていただきました

続きを読む


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

かな書を楽しむ (百人一首のカルタをつくろう) [書道]

 市の生涯学習において 

「百人一首のカルタをつくろう」の講座 がひらかれました

・1回目は 最初は葉書大の大きさに百人一首 一首書く練習

・2回目には カルタ大のコピー用紙2枚に 一首を書く稽古

・3回目は 市販の カルタ大の練習紙に1枚に一首を書く

・4回目には清書 作品に仕上げる

という講座でした

 4回目には もうお家で 

・百首を書いて3冊のアルバムに貼って来た人

・市販の小さな書道用和紙の帖に 数十首を貼って仕上げてきた人

・手作りの帖や 小さなお軸に貼って来た人

・書道用の額とは違ったいろいろに工夫された額に入れてきた人  

それらの作品を参考にしながら 4回目には受講者皆さん楽しく作品に

仕上げることができました

 

カルタに書くだけでなく書いたカルタを お部屋などに飾るような作品に

できあがりとても楽しい時間でした 

本来なら一年くらい稽古をしてから作品も業者に頼んでできあがるところ 

4回8時間で個性豊かなそれぞれ違った作品に仕上がったこと

とても良かったと思います

ただ自分たちの書いた百人一首カルタ でカルタ取りをしたかったのですが 

それができなかった事は残念です

 ↓ 仕上がった 作品

DSCN7030-800.jpg

 これらの作品をみながら感想を話し合いました

 

↓ は 1回目から 3回目までに

参考に書かれたものや 話題の展覧会のビラなど ボードに

DSCN6377-800.jpg

 

DSCN6060-500.jpg

 

 

DSCN6256-800.jpg

↑ 百人一首を和綴じ本に仕立てたのや 帖に直接書いたものなど 

 

 DSCN7091-300.jpg     DSCN7092-300.jpg

 

 

DSCN5826-300.jpg  DSCN5827-300.jpg

 

 

DSCN5829-300.jpg  DSCN5832-300.jpg

 

 

DSCN5828-300.jpg  DSCN5834-300.jpg

 

 

 

 

 

 


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

いろは詞華(七) [書道]

  いろは詞華 あ~し まで

   あ

DSC_1696-500.jpg

 

  雨にも負けず 風にも負けず・・・・   宮澤賢治

 

 

  さ

P1270662-800.jpg

 

さねさし相武の小野に燃ゆる火の火中に立ちて問ひし君はも  古事記

 

 

  き

DSC_1699-500.jpg

 

祇園精舎の鐘の声諸行無常の響きあり

 

 

  ゆ

DSC_1701-800.jpg

 

 ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。淀みに浮ぶうたかたは、

かつ消え、かつ結びて、久しくとどまりたる例(ためし)なし。世の中にある人と、

(すみか)とまたかくのごとし方丈記

 

 

    め

DSC_1704-500.jpg

 

       目に見るるを見と言ひ、心に見るるを観と言ふ

                 柳生新陰流「兵法家伝書」から

 

 

    み 

DSC_1705-500.jpg

道ハ邇キニ在リ  孟子

(而ルニ コレヲ遠キニ 求ム 事ハ易キニ在り 而ルニ  コレヲ難キニ 求ム) 

                               

   し 

DSC_1707-800.jpg

浄瑠璃の名をなつかしみみゆきふるはるのやまべをひとりゆくなり

八一

 

 

 

 


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

いろは詞華(六) [書道]

いろは詞華  け~て  まで

   け

DSC_1690-500.jpg

芸術は 悲しみと苦しみから生まれる  ピカソ

 上野の ロダンの考える人の写真を和紙に加工して

 

   ふ

DSC_1691-500.jpg

 無事是好日

画仙紙に墨絵らしきを描いた 上に 

 

   こ

 

DSC_1692-500.jpg

 この道や行く人なしに秋のくれ  芭蕉句

 

   え

DSC_1693-500.jpg

 蘭亭序 訓読

永和九年、歳(トシ)ハ癸丑(キチウ)ニ有リ。暮春ノ初メめ、会稽山陰ノ蘭亭ニ会ス。禊事(ケイジ)ヲ脩(ヲサ)ムルナリ。群賢(グンケン)畢(コトゴト)ク至リ、少長(セウチヤウ)咸(ミナ)集マル。此ノ地ニ、崇山(スウザン)峻領(シュンレイ)、茂林(モリン)脩竹(シウチク)有リ。又、清流(セイリウ)激湍(ゲキタン)有リテ、左右ニ暎帯(エイタイ)ス。引キテ以テ流觴(リウシヤウ)ノ曲水ト為(ナ)シ、其ノ次(ジ)ニ列坐ス。糸竹管弦ノ盛(セイ)無シト雖(イヘド)モ、一觴一詠、亦以テ幽情ヲ暢叙(チャウジョ)スルニ足ル。是ノ日ヤ、天朗(ホガ)ラカニ気清ク、恵風(ケイフウ)和暢(ワチャウ)セリ

   

   

DSC_1694-800.jpg

源氏物語  帚木 より

手を書きたるにも 深きことはなくて ここかしこの 点長にはしり書き そこはかとなくけしきばめるは うち見るに かどかどしくけしきだちたれど なほまことの筋をこまやかに書きえたるは うはべの筆消えてみゆれど 今ひとたび取りならべて見れば なほ実になむよりける はかなきことだにかくこそはべれ まして人の心の 時にあたりてけしきばめらむ 見る目の情をば え頼むまじく思うたまへ得てはべる    

 手を書きたる   は 書のこと

   金箔や野毛 などちらしたお料紙に   


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

手習い歌 (その二)天地の詞 鳥啼歌ほか [書道]

手習い歌の いろいろ

・天地の歌(詞)

手習い歌の一つで すべての仮名を歌い込んだもの

歌ではないので 天地の詞(ことば)という呼び方の方が適切である 

 いろは歌が普及する平安後期まで手習い歌として使用されていたとか

 星 空 山 川 峰 谷 雲 霧 室 苔 人 犬 上 末 

 黄流(ゆわ)  猿 生ふせよ 榎の枝を 馴れ居て

 

_DSC3349-800.jpg

 

 

・ 大為爾(たいに)の歌

「たい(ゐ)に」は源為憲(?~1011年)が970年に成立させた『口遊(くちずさみ)』

に載っている字母歌である 『口遊』は為憲が、藤原為光(後に太政大臣)の長男

当時七歳だった記憶力抜群の松雄君のために暗誦用に作った 

と序文には書かれています

 

字母

大為尓伊天奈徒武和礼遠曾支美女須土安佐利

比由久也末之呂乃宇知恵倍留古良 

毛波保世与衣不祢加計奴

と書かれていて

これを大正時代になって大矢透が五七調の歌として解読し 

世に紹介したのが「たゐに」の歌である

 田居に出で菜積摘む我をぞ君召すと漁り追ひ行く 

 山城の打酔へる子ら藻葉ほせよえ舟繋けぬ」

P1260172-800.jpg

 

 

・ 雨降歌

本居宣長作 1798年

 

「雨降れば井堰を越ゆる水分けて安く諸人下り

 立ち植えし群苗その稲よ真穂に栄えぬ」

 

_DSC3345-800.jpg

・鳥啼歌

明治三十六年に万朝報という新聞で、新しい いろは歌が募集された

通常のいろは に「ん」を含んだ四十八文字という条件で作成されたもので 

一位に 坂本百次郎の歌が選ばれたものである 

 

P1260167-800.jpg

 鳥啼く声す夢さませ見よ明け渡る東を空色栄えて沖津辺に

 帆船むれゐぬ靄の中」

(とりなくこゑすゆめさませみよあけわたるひんがしを

 そらいろはえておきつへにほふねむれゐぬもやのなか)

 

 

手習い歌ではありませんが 

現代の あいうえお 

明治33年(1900年)小学校令施行 ひらがなが制定されたものです

  ひらがなの字源

 あ 安  い 以  う 宇       え 衣  お 於

か 加  き 幾  く 久  け 計  こ 己

さ 佐  し 之  す 寸  せ 世  そ 曽

た 太  ち 知  つ 川  て 天  と 止

な 菜  に 仁  ぬ 奴  ね 祢  の 乃

は 波  ひ 比  ふ 不  へ 部  ほ 保

ま 末  み 美  む 武  め 女  も 毛

や 也       ゆ 由       よ 与

ら 良  り 利  る 留  れ 礼  ろ 呂

わ 和  ゐ 為       ゑ 恵  を 遠

 

 

_DSC3344-500.jpg

これ以後 たとえば 「い」 今まで使われていた 伊 ・ 意 ・ 移 などの

文字は「変体仮名」「万葉仮名」と 呼ばれるようになりました

 

五十音の歌  白秋詞 の部分です

_DSC3329-800.jpg

 

_DSC3330-1-800.jpg

 


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

手習い歌 いろは歌など [書道]

手習い歌のなかの  いろは歌について

_DSC3334-800.jpg

仮名書道の稽古には

先ずは いろは歌の「い ろ は ・・・・」から大体はじめます

この「いろは四十七文字」は古い時代につくられた歌で

だれがどのようにつくられたかはわかりませんが

広辞苑によると

いろは‐うた【以呂波歌】
〓手習歌の一つ。音の異なる仮名47文字の歌から成る。「色は匂へど散りぬるを

我が世誰ぞ常ならむ有為うゐの奥山今日越えて浅き夢見じ酔ひもせず」。

涅槃ねはん経第十四聖行品の偈げ「諸行無常、是生滅法、生滅滅已、寂滅為楽」

の意を和訳したものという。弘法大師の作と信じられていたが、実はその死後、

平安中期の作。色葉歌。

と書かれています

縦書きにして 書いてみました

P1260008-800.jpg

深い意味を持った歌として また文字を覚えるためのうたでもありますが

文献上 はじめて出たといわれる

「金光明最勝王経音義のいろは歌」 が 残されています

金光明最勝王経についての音義であり

 

音義とは経典での字義や発音を解説するもので

音訓の読みとして仮名の一覧として使われていたそうです 

文字は 万葉仮名(漢字)で書かれています

P1260005-800.jpg

ひらがな で 

P1260166-800.jpg

 カタカナ で

P1260166-1-800.jpg

ひらがなの 字母の変体仮名で 

P1260165-800.jpg

 

 このほか 

ひふみ歌 

天地(あめつち)の歌

・大為爾(たいに)の歌

 

 雨降歌 

・ 鳥啼歌      

 など ありますが 次にします 


トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

新春の書道展めぐり (卯年) [書道]

新春の書道展をめぐってきました

・現代の書 新春展 (和光ホール30人展)1月10日まで

KC3Y0075.jpg

 

 

   KC3Y0071.jpg

セントラル会場100人展 

KC3Y0032.jpg

 

出品者の 「卯」作品 130点

 KC3Y0039.jpg

 

 

 KC3Y0043.jpg

 

KC3Y0041-1.jpg

 

 会場風景

KC3Y0047.jpg

 

 

KC3Y0050.jpg

 

 

KC3Y0053.jpg

 

↓ 石飛博光氏のギャラリートーク さわりの部分が ビデオで紹介されています 

   http://lincs.co.jp/modules/contents/details.php?bid=1240

 

・同じビル7階

KC3Y0029.jpg

 

 

・2011毎日新春チャリティー書展 銀座松坂屋カトレヤサロンで(1月11日まで

  売上げの一部が社会福祉事業に寄贈されるそうで

  昨年毎日書道展の審査当番をされた先生方のお作品 246点

 

・第65回日書展 日本書道美術主催 (1月9日まで)

IMG_0010.jpg

 

 

IMG_0011-500.jpg

  池袋サンシャインシティ 

日書展に出品した私の作品 ↓

      P1220067sakuhin.jpg

良寛の歌 月雪はいつはあれどもぬば玉の今日の今宵に尚(なほ)如(し)かずけり

意は 月と雪はいつもあわれ深いものですが 特に今日の今宵は他の時期におよばないほど趣をみせている 

良寛が 維馨尼に宛てた手紙にこの歌と五言の律詩が書かれています

上部 小さい字は 漢詩

正月十二日夜  

春夜二三更、等閑に柴門を出づ 微雪松杉を覆い 弧月層巒(そうらん)に上る

人を思えば山河遠し 翰(ふで)を含んで思い万端

 

毎日新聞 書の世界に 新春の書 新春展の記事が記載されています ↓     

http://mainichi.jp/enta/art/news/20110106dde018070071000c.html

 

 

 ・現代書道二十人展

 上野松坂屋で8日まで開かれていました

 

 

 


nice!(5)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート